約1000年後の世界を舞台に、インタラクティブなしくみで
空間情報科学を体感できる展示です。

空間情報科学で、未来は変わるのでしょうか? 身の回りのさまざまな情報をデジタル化し、社会全体で共有して資源として活用する 「空間情報科学」。このテクノロジーが進めば、コンピュータが人やモノの動きから今後起こる世の中の事象を予測し、問題などを回避する、なんて未来も夢ではありません。空間情報科学が社会に浸透し、人々が信頼しあって情報を上手に使いこなすことができれば、まるで世界が自分のことを知り、見守り、寄り添い、支えてくれるように感じられるでしょう。

特設サイト

監修

柴崎亮介(東京大学 空間情報科学研究センター)

常設展 | 未来をつくる

アクティビティ未来館をもっと楽しむためのスペースやコンテンツ