開催中・開催予定のイベント

一般向けイベント

トークセッション「二酸化炭素を地下に埋めるって、あり? なし?」

二酸化炭素地中貯留(CCS)技術の概念図
金森禎文氏

大規模な気候変動を引き起こすといわれている地球温暖化。その原因となっているのが、大気中の二酸化炭素です。2015年12月のパリ協定により、今世紀中に世界全体で化石燃料の燃焼による二酸化炭素の放出をゼロにする目標が掲げられました。
しかし、世界ではエネルギーがまだまだ必要とされています。化石燃料を使用しながら二酸化炭素の排出量を減らす方法はないものでしょうか? そこで考えられているのが、二酸化炭素を集めて地中に埋める、二酸化炭素地中貯留(CCS: Carbon dioxide Capture and Storage)技術です。北米を中心にすでに実用化されており、日本では実証実験が行われています。
このトークセッションでは、日本でこのCCS技術に取り組む企業の担当者から詳しく話を聞きます。はたしてCCS技術は、地球温暖化対策の切り札となるのでしょうか?

講師紹介

金森禎文氏(日本CCS調査株式会社)
秋田大学鉱山学部修士課程修了。石油天然ガスの掘削工事に使用する掘削泥水のエンジニアリングや廃棄する泥水処理、及び浚渫工事にて発生する汚泥処理等に従事。現在は日本CCS調査株式会社にて広報を担当。

開催日時
2018年12月1日(土) (1) 12:30~13:00、(2) 15:30~16:00
※各回ともに、トーク15分間と座談会15分間の2部構成です
開催場所
日本科学未来館 5階 コ・スタジオ
定員
各回40名
参加費
入館料のみ
参加方法
申し込み不要。直接会場にお越しください(先着順)
主催
日本科学未来館
問い合わせ先
日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。