イベント情報

イベントアーカイブ

<2018年 キミ×ケミ~君と見つける化学~>トークセッション「人工知能で見つける化学の未来」

化学物質を探索するAI
佐伯昭紀氏
岡田洋史氏

10月23日の「化学の日」を記念して、日本科学未来館では21日に「2018年 キミ×ケミ~君と見つける化学~」を開催します。今年のテーマは「未来をつくる化学」! このトークセッションでは、異なる手法で化学に挑む二人の研究者が対談します。

新しい性質をもつ未知の化学物質を見つけるために、化学者たちはたくさんの実験をくりかえしてきました。しかしこれからは、人工知能が過去の大量のデータをすべて解析して、新しい物質の作り方を教えてくれるようになるかもしれません。
トークセッションに登場する大阪大学の佐伯昭紀氏は、太陽電池の研究に人工知能を利用した研究者です。世界中の科学者たちが今まで開発した膨大な化学物質のデータを人工知能がまとめて解析し、新しい太陽電池の素材を作り出しました。一方、東京大学の岡田洋史氏は、自分の経験を頼りに手作業で実験を行い、新しい化学物質を生み出す化学者です。岡田氏は人の手でこそ、新しい物質の面白さを発掘できるのだと言います。
化学者の中には人工知能を使うことについてさまざまな意見がありますが、佐伯氏と岡田氏はまさに正反対の立場。お二人の対談から未来の化学に人工知能がどのようにかかわってくるのかを見つけます。
果たして化学の未来をつくるのは、人工知能なのか、人の手による実験なのか? 二人が到達する未来の化学のイメージに注目してください!

講師紹介

・佐伯 昭紀 氏
大阪大学 大学院工学研究科 応用化学専攻 准教授
2007年 大阪大学 博士号(工学)取得
大阪大学 助手、助教を経て2014年より現職

・岡田 洋史 氏
東京大学 工学系研究科 機械工学専攻 特任研究員
2004年 東北大学 博士号(理学)取得
2012年より現職

「化学の日」とは

日本化学会、化学工学会、新化学技術推進協会、日本化学工業協会が、2013年に10月23日を「化学の日」と制定しました(アボガドロ定数:モルの物質中に存在する粒子の数 = 6.02 × 10の23乗に由来)。化学の日の前後では、化学への理解増進・啓発を目的とした活動が各地で行われています。

※イベントの様子を撮影した写真を広報などの目的で使用および公開する場合があります。予め、ご了承ください。

開催日時
2018年10月21日(日) 13:00~14:00
開催場所
日本科学未来館 5階 コ・スタジオ
定員
約40人(定員を超えた場合は、立ち見でのご見学も可能です)。
参加費
入館料のみ
参加方法
申し込み不要。 直接会場にお越しください(先着順)
主催
日本科学未来館
後援
公益社団法人 日本化学会
問い合わせ先
日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。