イベント情報

イベントアーカイブ

遺伝子ラボ2018 ~光る大腸菌から考える 私たちと未来の医療~要申込

遺伝子組換え実験により発光させた大腸菌
手順が複雑な実験も、スタッフが丁寧にレクチャー!

ヒトの遺伝子を自在に書き換えることができるようになったら、どんな社会になると思いますか? 遺伝病はなくなり、病気になりやすい体質は改善し、強靱な肉体や美しい容姿が思いのままに手に入るかもしれません。しかし、問題はそう単純ではないようです。

このイベントでは、遺伝子型判定実験や大腸菌の遺伝子組換え実験を通して、遺伝や遺伝子操作の基礎を学びます。そのうえで、遺伝子を書き換える技術を使うことについて、参加者全員でディスカッションします。正解のない、この技術の使い方について、皆さんはどんなふうに考えますか?


イベント内容

皆さんには「ある不安を抱えて、遺伝子ラボを訪れた相談者」という設定で参加していただきます。はたして、あなたの不安は遺伝子ラボで解消されるでしょうか?


実験

題材にするのは、遺伝子の変化によって起こる病気「鎌状(かまじょう)赤血球貧血症」です。実験では、架空の患者サンプルを使用して、患者が持つヘモグロビン遺伝子を判定します。また、大腸菌に蛍光タンパク質GFP遺伝子を組込んで、特殊な光を当てると緑色に光る大腸菌を作ります。


製薬会社社員・研究者との交流

このイベントは製薬会社であるバイオジェン・ジャパン株式会社と共同で開発されました。当日は日本科学未来館の科学コミュニケーターと、バイオジェン・ジャパン株式会社の社員の方々と一緒にディスカッションします。製薬会社社員だからこそ知っている医療現場のお話なども聞いてみましょう。


スケジュール

【1日目】
10:30~11:45 鎌状赤血球貧血症についての講義、遺伝子型判定実験
11:45~13:10 昼食
13:10~14:00 遺伝子型判定の結果確認と考察
14:10~16:30 大腸菌の遺伝子組換え実験
16:30~17:00 まとめ

【2日目】
13:30~14:15 前日に行った遺伝子組換え実験の結果確認と考察
14:25~15:00 ゲノム編集技術についての講義
15:00~16:30 ヒトへの応用についてのディスカッション
16:30~17:00 まとめ

※参加者個人の遺伝子型判定は行いません。
※1日目はバイオジェンの社員の方と参加者全員で一緒に昼食をとりますので、必ず昼食をご持参ください。
※本イベントのうち、一部分は参加者以外の方(保護者、見学者など)は入室いただけない実験室で行います。その間は常設展などでお待ちいただくことになります。あらかじめご了承ください。

※ご応募にあたり、必ず連絡事項欄に「参加動機、最近興味を持っていること」を200字程度でご記入ください。

開催日時
2018年8月25日(土) 10:30~17:00、8月26日(日) 13:30~17:00
※2日間連続のイベントのため、両日参加いただける方が対象です。
開催場所
日本科学未来館 3階 実験工房、5階 実験室
対象
中学1年生~高校3年生
定員
16名
参加費
入館料のみ
申込方法
WEBによる申込、抽選制。 申込期間中、下記に表示される[お申込みボタン]より、「イベント申込フォーム」にてお申込みください。 抽選結果は締め切り後10日以内に、ご記入いただいたメールアドレスまで当選の可否をご連絡いたします。ご応募にあたり、申込フォームの連絡事項欄に、必ず「参加動機、最近興味を持っていること」を200字程度でご記入ください。
申込期間
2018年7月30日(月) ~8月15日(水) 17:00
主催
日本科学未来館、バイオジェン・ジャパン株式会社
問い合わせ先
日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。