開催中・開催予定のイベント

一般向けイベント

トークセッション「驚異の視力で宇宙をみる~アルマ望遠鏡がひらく天文学の新時代」

アルマ望遠鏡
アルマ望遠鏡がとらえた惑星系形成のようす(おうし座HL星の周囲の塵の円盤)
長谷川哲夫氏

アルマ望遠鏡は、チリのアタカマ砂漠、標高5000mの台地にそびえ立つ世界最大の電波望遠鏡です。この巨大望遠鏡のすごさは、目で見えない「電波」を、驚異的な"視力"でみるところにあります。広い土地に66台ものパラボラアンテナを並べ、それらを連動させて一つの巨大望遠鏡として機能させることで、これまで観測が困難だった天体の電波を高い解像度でとらえることができるようになりました。本格的な観測が始まった2013年から現在に至るまで、惑星系や生命の誕生につながる手がかりを次々と発見しています。

世界に類を見ないこの巨大な望遠鏡の建設には、1500億円にものぼる総工費のほか、アンテナや電波の受信器に関する高度な技術が必要でした。アルマ望遠鏡はアメリカ・ヨーロッパ・日本を中心とする世界の科学者や技術者が協力し、30年以上もの歳月をかけてやっとの思いで実現したのです。

このトークイベントでは、巨大プロジェクトを実現させるために中心となって奔走した国立天文台の長谷川哲夫氏を講師に招き、最新の研究成果を交えて、アルマ望遠鏡が挑む壮大な宇宙の謎に迫ります。アルマ望遠鏡によって私たちの未来や世界観はどのように変わるのでしょうか。

講師紹介

長谷川 哲夫 氏
自然科学研究機構国立天文台 チリ観測所 上席教授。専門は電波天文学。星・惑星の形成過程に関する研究に従事している。合同アルマ観測所(JAO)の建設担当副プロジェクトマネジャーとして長年アルマ望遠鏡の建設プロジェクトを率いてきた。

企画・ファシリテーション

渡邉 吉康(日本科学未来館 科学コミュニケーター)

開催日時
2018年7月22日(日) 14:30~15:30
開催場所
日本科学未来館 5階 コ・スタジオ
定員
40名程度(定員を超えた場合は、立ち見でのご見学も可能です)
参加費
入館料のみ
参加方法
事前申し込み不要。直接会場までお越しください。(先着順)
主催
日本科学未来館
問い合わせ先
日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。