イベント情報

イベントアーカイブ

トークセッション「"見た目"で変わる、自然環境の良し悪し」

熊谷洋一氏

私たちの身の周りにはさまざまな自然環境がありますが、その保全のための分析や評価をするとき、重要なものが「景観」です。

「景観」の重要性を指摘し、自然環境の予測・評価方法の中に取り入れたのが熊谷洋一氏。今年、「第12回みどりの学術賞」を受賞しました。
それでは、景観を取り入れた予測・評価は、それまでと何が違ったのでしょう? そして熊谷氏の考える「景観」とはいったい?

トークセッションでは研究成果はもちろん、受賞にいたるまで歩んできた道のりについてもお話いただきます。

講師プロフィール

熊谷 洋一氏 東京大学名誉教授、兵庫県立淡路景観園芸学校名誉学長
1943年生まれ。東京大学大学院農学系研究科博士課程単位取得。以後も東京大学、東京大学大学院などで従事。また、兵庫県立淡路景観園芸学校の開校当時より、学校長、学長などを歴任。国立公園協会 田村賞(1988年)、日本公園緑地協会 北村賞(2004年)、日本造園学会 上原敬二賞(2015年)など受賞多数。

「みどりの学術賞」とは

みどりの学術賞は、5月4日の「みどりの日」についての関心を促進し、植物、森林、自然環境などについて国民の造詣を深めることを目的に内閣府が設立した学術賞です。国内において植物、森林、緑地、造園、自然保護などに係る研究、技術の開発その他"みどり"に関する学術上の顕著な功績のあった個人に内閣総理大臣が授与するものです。

※主催者が当日撮影した写真やビデオを、日本科学未来館や内閣府等の記録や広報、また登壇者の論文執筆、学会発表などの目的で使用する場合があります。予め、ご了承ください。

開催日時
2018年6月24日(日) 14:00~15:00
開催場所
日本科学未来館 5階 コ・スタジオ
参加費
入館料のみ
参加方法
事前予約不要。直接会場までお越しください。
主催
日本科学未来館
共催
内閣府
問い合わせ先
日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。