イベント情報

イベントアーカイブ

平成30年度科学技術週間プレイベント要申込

量子ビームを用いた超微細加工技術により、「神奈川沖浪裏」を0.83mm×1.2mmのサイズで再現。 画像提供:量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所

今年の科学技術週間は4月16日(月)~4月22日(日)。
その直前に、研究者を招いたプレイベントが未来館で開催されます。

「粒」でもあって「波」でもある・・・?
実は、そんな不思議な性質を持つ物質、「量子」で私たちの世界はできています。

量子をきちんと理解してうまく用いると、未来のコンピューターや新素材を生み出すことができます。さらに、生命の仕組みなど、私たちの世界について今よりもっとわかるようにもなります。

今回は、「量子ビーム」という科学技術を中心に、量子について紹介します。

私たちの未来は、量子の研究によってどのように変わるのでしょうか?
科学技術週間直前に、第一線で活躍する研究者と考えてみましょう。

参加者には、「量子ビームの図鑑(※一家に1枚ポスター)」のプレゼントもあります。
ぜひご参加ください。

講師

国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構
安居院 あかね 氏、鈴木 國弘 氏

ファシリテーション

日本科学未来館 科学コミュニケーター
梶井 宏樹

※「科学技術週間」とは
毎年、4月18日(発明の日)を含む月曜日から日曜日までの1週間。
科学技術について広く一般の方々に理解と関心を深めていただき、日本の科学技術の振興を図ることを目的として1960年2月に制定されました。この期間に合わせて、全国各地の科学館、博物館、大学、研究所などでは、講演会、展覧会、映画会、座談会、施設公開など、さまざまな催しが行われています。

※「一家に1枚ポスター」とは
科学技術週間に合わせて2005年より文部科学省が製作・配布しているポスター。多くの方に科学に親しんでいただく機会を提供することを目的とし、これまでに、元素周期表、天体望遠鏡、鉱物、細胞などさまざまなテーマで製作されています。

開催日時
2018年4月15日(日) ①11:00~12:00、②14:00~15:00
※どちらの回も内容は同じです。
開催場所
日本科学未来館 7階 コンファレンスルーム火星・金星
対象
中学生以上
定員
各回30名
参加費
無料(常設展は別途入館料が必要です)
参加方法
事前申込制(先着順)。
参加をご希望の方は、件名を「4月15日プレイベント参加申込」として「氏名」「午前or午後」をご記入の上、以下までメールにてお申し込みください。
株式会社アイフィス「プレイベント」参加申込み受付係
sciencecafe@ifys.jp
主催
文部科学省
共催
日本科学未来館
協力
国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構
問い合わせ先
(文部科学省からの運営業務請負業者)
株式会社アイフィス 「プレイベント」参加申込み受付係
Tel: 03-5395-1201
E-mail: sciencecafe@ifys.jp
(受付時間: 9時30分~17時30分 土日祝日除く)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。