開催中・開催予定のイベント

一般向けイベント

シンポジウム「原発事故から7年、放射能汚染の状況はどこまで改善したのか」要申込

「原発事故から7年、放射能汚染の状況はどこまで改善したのか」

福島第一原子力発電所の事故により放出された放射性物質の状況は、除染や気象現象などさまざまな要因により、大きく変化を続けています。7年が経過した現在、放出された放射性物質はどこへいったのでしょう。また、一度汚染された土地で農業はどのように行われているのでしょう。調査研究を行ってきた研究者たちより、重要な知見を聞くとともに、残された未解決の問題と今後も見張り続けなければならない事柄について、また、科学者と市民そして社会の役割について、参加者全員で考えます。

プログラム

第1部 トークセッション / 13:00~14:25 (未来館ホール)

放射能汚染の問題について、これまでの7年間に、どのような研究が行われて何が解明されたのでしょうか。長期的な放射性物質の観測やシミュレーションなどから明らかにになったことを研究者からお話いただきます。

「大気への放出と飛散実態はどこまで解明されたのか?」
事故によって放射性物質は大気中にどれくらい放出されたのでしょうか。各地の空間線量や、放射能をもつ浮遊粒子について新たに掘り出されたデータ、そして事故の後の気象データなどを総合的に分析してわかった、放出と飛散の実態をお話しします。
登壇者: 中島 映至氏 (JAXA 地球観測研究センター センター長)

「陸はまだ汚染されているのか?」
私たちが住み、食物を生産している陸地の汚染実態は、事故後7年間でどのように変化してきたのでしょうか。経年モニタリング結果を中心に、放射性物質の河川による移動や、土壌中の粒子の作用による移動、また森林生態系内での放射性物質の循環についてお話しします。
登壇者: 恩田 裕一氏 (筑波大学 アイソトープ環境動態研究センター センター長)

「海へ流れ出した放射性物質はどこへ行ったのか?」
事故によって放出された放射性物質の約8割は海洋に降り注ぎました。その後の放射性物質の動きや減少の様子を、海水・海底土のモニタリング結果とともにお話しします。また、懸念されている海底付近に住む生物への影響についても、経年モニタリングの結果を紹介します。
登壇者: 山田 正俊氏 (弘前大学 被ばく医療総合研究所 教授)

「農業は復興できたのか?」
農業における放射能低減対策として、有効なカリウム施肥の効果をお話ししつつ、現在農産物の放射能検査体制がどのように敷かれているのか、またこれまでの検査結果はどのようなものなのかについて紹介します。
登壇者: 信濃 卓郎氏 (農業・食品産業技術総合研究機構 東北農業研究センター 農業放射線研究センター センター長)

第2部 個別トークセッション / 14:30~15:30 (コンファレンスルーム 水星・火星・金星)

大気、陸地、海洋における放射性物質の状況、放射性物質が農業や漁業に与える影響とその対策などをポスターにまとめ紹介します。各ブースでは、研究者による個別トークセッションを行います。

      

第3部 全体ディスカッション「これからの課題」 / 15:30~16:30 (未来館ホール)

第1部、第2部で集められた質問やコメントをもとに、登壇者と参加者全体で新たな情報をどのように解釈し、判断にいかしていけばよいのか、また今後どのような調査や研究が必要なのか、ディスカッションを行います。
登壇者: 中島 映至氏、恩田 裕一氏、山田 正俊氏、信濃 卓郎氏
ファシリテーション: 雨宮崇(日本科学未来館 科学コミュニケーター)

             

第4部 個別トークセッション / 16:30~17:30 (コンファレンスルーム 水星・火星・金星)

第3部のディスカッションを踏まえ、新たに生じた疑問を研究者に直接聞くことができるセッションです。

関連企画

パネル展示「Lesson #3.11 7年目の選択」

東日本大震災とその後の原発事故について、巨大地震への備え、放射能汚染の現在、エネルギー問題という3つの章立てで、科学的なデータをまとめ展示します。この7年間に、私たち個人や社会が行ってきた「選択」に焦点をあて、これからどのような未来を築いていくのか考える場を創出します。

サイエンス・ミニトーク「Lesson #3.11 7年目の選択」

パネル展示のトピックスを題材に、未来館の科学コミュニケーターと参加者が話し合い、ともに考えます。

開催日時 : 2018年2月28日 (水)~4月9日 (月) 10 : 00~17 : 00
パネル展示 10 : 00~17 : 00 / サイエンス・ミニトーク 13 : 30 ~13 : 45
開催場所 : 日本科学未来館 5階 常設展内
参加費 : 入館料のみ
参加方法 : 事前予約不要。自由にご見学ください。

関連企画の詳細はこちら

チラシのダウンロード

このイベントのチラシはこちらからダウンロード可能です。

シンポジウム「原発事故から7年、放射能汚染の状況はどこまで改善したのか」 チラシ[PDF]

開催日時
開催日時: 2018年3月10日(土) 13:00~17:30
開催場所
日本科学未来館 7階 未来館ホール、コンファレンスルーム 水星・火星・金星
対象
どなたでもご参加可能です
定員
240人
参加費
無料
申込種別
先着順
申込可能人数
同時にお申し込みいただけるのは1名までです。複数名でご希望の場合は、お一人ずつお申込みください。
申込方法
WEBによる申込、先着順。こちらの「イベント申込みフォーム」にて必要事項を入力の上、お申込みください。 定員に達し次第募集を締め切ります。
申込期間
2018年2月9日(金) 10:30 ~ 2018年3月9日(金) 17:00
主催
日本科学未来館
共催
消費者庁
問い合わせ先
日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。