イベント情報

イベントアーカイブ

サイエンス・ミニトーク特別編「ヒアリ・ヒアリング。アリ研究者と外来種を考える」

森 英章氏

ニュースでも取り上げられ話題になった外来種「ヒアリ」の日本への侵入。このような外来種の進入はヒトへの直接的な被害にとどまらず、地域固有の生態系にまで大きな影響を及ぼします。

一度外来種が侵入すると、その防除には長期間にわたって人的、経済的な負担がかかります。外来種問題に正しく向き合うには、目の前にあるリスクだけでなく、長期的なリスクとコストを把握した上での防除の戦略が必要となるのです。

今回のイベントでは、離島の外来種防除に携わる研究者をお招きし、ヒアリをはじめとした外来種の具体的な防除法や、外来種問題への正しい向き合い方などをお話しいただきます。

講師プロフィール

森 英章氏
一般財団法人 自然環境研究センター 研究員
博士(生命科学・東北大学)

女王を欠く働きアリ社会(アミメアリ)に見られる、労働をせずに繁殖だけを行う系統を扱った、社会の裏切り者の進化の研究で学位を取得。 現在は一般財団法人自然環境研究センターの主任研究員として、絶滅危惧種の保全とその研究に従事。世界自然遺産の小笠原諸島を主なフィールドに、固有の陸貝や昆虫の繁殖技術の開発、彼らを守るための外来トカゲ、外来アリ等の防除に尽力。

開催日時
2017年10月14日(土) 12:30~13:00 、15:30~16:00
開催場所
日本科学未来館 5階 コ・スタジオ
対象
小学校4年生以上
※イベントの様子を撮影した写真を広報などの目的で使用および公開する場合があります。予め、ご了承ください。
定員
30名程度(定員を超えた場合は、立ち見でのご見学も可能です。)
参加費
入館料のみ
参加方法
事前申し込み不要。 直接会場にお越し下さい。(先着順)
主催
日本科学未来館
企画・ファシリテーション
山本 朋範(日本科学未来館 科学コミュニケーター)
問い合わせ先
日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。