イベント情報

イベントアーカイブ

笑い、そして考える 2017年のイグノーベル賞!

「誰でもわかる イグノーベル賞の世界!」(昨年の放送の様子)

イグノーベル賞は、ノーベル賞のパロディとされる賞で、1991年にマーク・エイブラハムズ氏によって創設されました。「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」のあったユーモアあふれる研究に対して賞が贈られています。これまで日本人研究者は10年連続で受賞しており、昨年には「股の間から景色を見ると違って見えるという研究」で、立命館大学の東山篤規教授と大阪大学の足立浩平教授がイグノーベル知覚賞を受賞されました。今年の結果にも注目が集まります。
今年のイグノーベル賞の授賞式は9月15日(金)の朝(日本時間)の予定です。
未来館では、このイグノーベル賞について、科学コミュニケーターによるサイエンス・ミニトークで紹介します。また発表翌日には、インターネット番組(ニコニコ生放送)を放送し、2012年のイグノーベル音響学賞を受賞した栗原一貴先生をゲストに迎え、科学コミュニケーターが受賞内容について解説します。



サイエンス・ミニトーク「笑い、そして考える 2017年のイグノーベル賞!」

イグノーベル賞とはどんな賞なのか?笑いとユーモア、そして風刺に満ちたイグノーベル賞について、科学コミュニケーターが紹介します。受賞者発表後は、受賞者とその研究内容も解説します。

日時: 2017年9月10日(日)~9月18日(月・祝) 11:00~11:15
場所: 5階 常設展「コ・スタジオ」

ニコニコ生放送「誰でもわかる イグノーベル賞の世界!」

2012年のイグノーベル音響学賞を受賞した栗原一貴先生をお招きし、科学コミュニケーターが今年の受賞内容や授賞式の様子について解説します。

放送日時: 2017年9月16日(土)18:00~19:00(終了時間延長の可能性あり)
番組視聴URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv305847439

その他、本イベントに続きノーベル賞に関するイベントも開催します。
「どうなる!?どうなった!? 2017年のノーベル賞」

開催日時
2017年9月10日(日)~9月18日(月・祝)
開催場所
日本科学未来館 5階 常設展「コ・スタジオ」
参加費
サイエンス・ミニトークへの参加は入館料のみ
参加方法
サイエンス・ミニトークは事前申込み不要。直接会場までお越しください。
※撮影した写真や映像を、展示記録や広報などの目的で使用する場合がございます。予めご了承ください。
主催
日本科学未来館
問い合わせ先
日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。