開催中・開催予定のイベント

一般向けイベント

どうなる!?どうなった!? 2017年のノーベル賞

パネル展示に投票している様子
サイエンス・ミニトーク (昨年の様子)
「ノーベル賞発表の瞬間をみんなで迎えよう」 (昨年の放送の様子)

アルフレッド・ノーベルの遺言により「人類の幸福に貢献した人」に対して贈られるノーベル賞。今年の受賞者発表は、生理学・医学賞が10月2日(月)、物理学賞が3日(火)、化学賞が4日(水)に行われます。
未来館では、この発表にあわせ、パネル展示やサイエンス・ミニトーク、インターネット生放送を行い、受賞した研究者や受賞テーマ、評価されたポイントなどについて解説するイベントを実施します。

受賞者発表までの期間は、未来館の科学コミュニケーターが「受賞にふさわしい人・テーマ」を予想し、パネル展示とサイエンス・ミニトークで紹介。発表当日は、インターネット番組(ニコニコ生放送)を放送し、発表の瞬間を科学コミュニケーターと一緒に迎えます。発表の翌日からは、受賞者やその研究テーマについて、サイエンス・ミニトークとパネル展示を通して解説します。

パネル展示

来館者にもご参加いただける、特設パネルを展示します。
ノーベル賞受賞者発表前には、科学コミュニケーターが予想した「受賞にふさわしい人・テーマ」について解説。来館者も、気になる研究テーマへの投票にご参加いただけます。受賞者発表後には、今年の受賞者とその研究テーマについて解説したパネルを展示します。
期間: 2017年9月20日(水)~10月16日(月)※休館日を除く
場所: 3階 常設展「ノーベルQ」、5階 常設展「コ・スタジオ」

サイエンス・ミニトーク「どうなる!? どうなった!? 2017年のノーベル賞」

科学コミュニケーターが、受賞にふさわしいと予想した人や受賞した研究テーマなどについて、分かりやすく解説します。発表前には、予想した研究者とそのテーマについて、発表後には、受賞した研究者や研究内容、受賞ポイントなどについて紹介します。
期間: 2017年9月20日(水)~10月16日(月)
時間: 11:00~11:15、13:30~13:45
場所: 5階 常設展「コ・スタジオ」

ニコニコ生放送「ノーベル賞2017」

「ノーベル賞発表の瞬間をみんなで迎えよう!」
近年の受賞テーマの傾向や今年の受賞テーマの予想など、各賞について科学コミュニケーターが紹介しつつ、受賞者発表の瞬間を視聴者と一緒に迎えます。

【生理学・医学賞】ノーベル賞発表の瞬間をみんなで迎えよう@日本科学未来館

放送日時:2017年10月2日(月)17:00~19:00
番組視聴URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv305847651

【物理学賞】ノーベル賞発表の瞬間をみんなで迎えよう@日本科学未来館

放送日時:2017年10月3日(火)17:00~19:00
番組視聴URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv305848051

【化学賞】ノーベル賞発表の瞬間をみんなで迎えよう@日本科学未来館

放送日時:2017年10月4日(水)17:00~19:00
番組視聴URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv305848264

「誰でもわかる 今年のノーベル賞 ~生理学・医学 物理学 化学賞~」

今年のノーベル賞自然科学3賞の受賞内容を、科学コミュニケーターが分かりやすく解説します。
放送日時: 2017年10月20日(金)19:30~21:00
番組視聴URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv305848388

※いずれも放送終了時間は延長になる可能性がございます。

その他、関連イベントとして、ノーベル賞のパロディとされるイグノーベル賞に関してもイベントを開催します。
「笑い、そして考える 2017年のイグノーベル賞」

開催日時
2017年9月20日(水)~10月16日(月)
開催場所
日本科学未来館 3階 常設展「ノーベルQ」、5階 常設展「コ・スタジオ」
参加費
入館料のみ(パネル展示およびサイエンス・ミニトーク)
参加方法
事前申込み不要。直接会場までお越しください。(パネル展示およびサイエンス・ミニトーク)
※撮影した写真や映像を、展示記録や広報などの目的で使用する場合がございます。予めご了承ください。
主催
日本科学未来館
問い合わせ先
日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。