イベント情報

イベントアーカイブ

パネル展示「Lesson#3.11 学びとる教訓とは何か」

2011年3月11日に発生した東日本大震災。もたらされた地震動と大津波、そして原発事故は、計り知れない被害を生じさせました。それだけではありません。私たち社会の抱えるさまざまな問題が姿を現したのです。震災から6年が経ち、私たちはそこから何を学び、どう変わったのでしょうか?
パネル展示と科学コミュニケーターによるアクティビティを通して、私たちが3.11から学ぶべき教訓とは何か、さらに3.11を経験した社会として、今私たちは何をしなければならないのかについて考える展示です。

はじめに

PDFデータ (0.5 MB)

1. 見えないリスクを想像せよ PDFデータ (0.2 MB)
自然現状や、科学技術の背後にあるリスクは、ふだんは見えませんが何かをきっかけに姿を現し再び消えていきます。現れては隠れるリスクの存在を、私たちは常に意識しておく必要がありそうです。

1-1巨大地震と巨大噴火
視野を全世界、あるいは10万年前までのスケールまで広げ、自然災害史をひもときながら、将来起こりうる危険と、それにともなう被害の可能性を考えます。

【DATA】 PDFデータ (1 MB)
【LESSON】 PDFデータ (0.7 MB)
【CASE】 PDFデータ (1.9 MB)


1-2福島原発事故は、今も続いている
事故では何が起こり、どう進展し、これからどのようなリスクが考えうるのか? 飛散した放射性物質の現状、被ばくによる住民の健康影響を、調査結果や最新データを交えて示し、考えていきます。

【DATA】 (1) PDFデータ (1.7 MB)
     (2) PDFデータ (1.2 MB)
【LESSON】 PDFデータ (0.7 MB)
【CASE】 (1) PDFデータ (1.3 MB)
     (2) PDFデータ (1.9 MB)

コラム 放射線の基礎
(1)環境中の放射性物質 PDFデータ (1.4 MB)
(2)放射線被ばくと発がん PDFデータ (1.3 MB)

2.エネルギーの選択は未来の選択 PDFデータ (0.6 MB)
福島第一原子力発電所の事故は、日本の電力システム の脆弱性を浮き彫りにしました。私たちは今後、どのようなエネルギーを選ぶべきなのでしょう。震災後、導入の進んでいる「再生可能エネルギー」を取り上げ、その利点と課題を考えていきます。

【DATA】 (1) PDFデータ (3.5 MB)
     (2) PDFデータ (1.5 MB)
【LESSON】 PDFデータ (0.7 MB)

おわりに PDFデータ (1.0 MB)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。