イベント情報

イベントアーカイブ

ネズミで探る?!がんのしくみ ~細胞観察から読み解こう~

細胞を観察しよう
細胞の染色
顕微鏡観察
正常な細胞とがん化した細胞のちがいは?

日本人の3人に1人は、がん(悪性腫瘍)で亡くなっていると言われます。しかし、どのようなしくみで発症するかは、まだ解明されていない部分が多くあります。最先端の研究では、がんについてどのような研究が進められているのでしょうか?

このイベントでは、マウスの正常な細胞とがん化した細胞を実際に観察し、その違い考察します。がん研究の進め方や考え方を体験してみましょう。



細胞を観察しよう(観察)

マウスの正常な細胞とがん化した細胞の2種類を顕微鏡で観察します。無色透明の細胞を観察するためには、どのような工夫が必要でしょうか?



違いを考察しよう(グループディスカッション)

正常な細胞とがん化した細胞にはどのような違いがあるか考察します。グループで意見を交換して、考察結果を深めましょう。



先生に聞いてみよう(Q&A)

がんと遺伝子の関連について研究している新藤隆行先生(信州大学大学院医学系研究科)から、研究内容を紹介していただきます。質問があったら聞いてみましょう。



※実験がしやすい服装(動きやすく汚れてもよい服装)でお越しください。

※実験に参加せず付き添い見学を希望される方については、研究室の収容人数の都合上、入室をご遠慮いただく場合があります。



開催日時
2017年1月21日(土) 15:00~16:30 ※14:50に3階実験工房までお越しください。
開催場所
日本科学未来館 4階 研究エリア 新藤研究室 (集合場所:3階 実験工房)
対象
小学5年生以上
定員
12名(最少催行人数6名)
参加費
入館料のみ
申込方法
WEBによる申込、先着順。下記に表示される[お申込みボタン]より、「イベント申込フォーム」にてお申込みください。 定員に達し次第募集を締め切ります。
申込期間
2016年12月27日(火) 18:00~2017年1月20日(金) 17:00
主催
日本科学未来館
協力
信州大学 新藤隆之研究室
企画
日本科学未来館ボランティア、研究エリア 新藤隆之研究室(体内ホメオスターシス機構の解明と新薬開発プロジェクト)
問い合わせ先
日本科学未来館
Tel:03-3570-9151(代表)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。