イベント情報

イベントアーカイブ

ようこそ水素社会へ~つくる・はこぶ・つかうを体験してみよう

前年のイベントの様子

  私たちの暮らしになくてはならないエネルギー。石油、天然ガス、石炭といった今までのエネルギー源は、近い将来なくなってしまったり、利用するときにCO2(二酸化炭素)を排出して地球温暖化の原因になったりするものがほとんどです。そのため、現在は化石燃料から、再生可能エネルギーへの転換が求められています。
  そこで注目されるのが「水素」です。水素技術を使えば、エネルギーを貯めて、運ぶことができるため、天候に左右されがちな太陽光や風力による電力供給を加速することができます。また、水素は使う時にCO2を出しません。でも、水素を使うことに危険はないのでしょうか? そもそもどうやって作って運ぶのでしょうか? そして水素を使うと私たちの生活はどのように変わるのでしょうか?
  イベントでは、パネル展示や実験によって、そのような疑問に答えます。また、29日(日)には、サイエンティスト・トーク「-これでエネルギー問題は解決!?- 技術者が語る水素社会の最前線」も開催。専門家や技術者から、水素社会のメリットや現在の課題などについて、じっくりお話いただきます。
  水素社会の可能性と私たちの未来について、一緒に考えていきましょう。

パネル展示・実験

<コーナー1 探してみよう!身近なエネルギー!!>
私たちのもとへ運ばれ、使われるエネルギーをパネルで探しながら、エネルギーが私たちの日常にかかせないものであることを実感します。

<コーナー2 エネルギーには課題がある!?>
化石燃料を使い続けることの問題や、再生可能エネルギーの欠点などを知り、水素技術に期待されている役割について紹介します。

<コーナー3 学ぼう!水素エネルギー!!>
水素の特徴や、利点、また気になる安全性について詳しく紹介します。

<コーナー4 水素を体験しよう!!(実験)>
実験によって、水素を「つくる」「はこぶ」「つかう」ことを体験してみます。
・一人3~5分程度の体験です。
・実験によって3名~10名まで同時に体験可能ですが、混雑時にはお待ちいただくことがあります。
・対象年齢なし
・事前予約なし
・最終受付時間16:45(混雑状況によって受付終了を早める場合があります)

<コーナー5 ようこそ未来の水素社会へ!!>
風力発電から水素をつくる実証実験や、福島と東京都が共同で行うCO2フリー水素の活用に向けた取り組みなどをご紹介します。

日時: 2017年1月28日(土)、1月29日(日)10:00~17:00
場所: 日本科学未来館 1階 コミュニケーションロビー
参加費: 無料 ※ただし、未来館の常設展の観覧は入館料が必要

トークイベント

サイエンティスト・トーク「-これでエネルギー問題は解決!?- 技術者が語る水素社会の最前線」

日時: 2017年1月29日(日)13:30-15:30
場所: 日本科学未来館 1階 多目的ルーム
講師: 橘川 武郎 氏(東京理科大学)、西村 元彦 氏(川崎重工業)、大城 昌晃 氏(千代田化工建設)、古谷 博秀 氏(産業技術総合研究所)、粟津 幸雄 氏(水素供給利用技術協会)

詳細はこちら

開催日時
2017年1月28日(土)、1月29日(日) 10:00~17:00
開催場所
日本科学未来館 1階 コミュニケーションロビー、多目的ルーム
対象
パネル展示・実験: なし   
トークイベント: 中学生以上(水素やエネルギーにやや関心のある人)
定員
パネル展示・実験: なし
トークイベント: 60名
参加費
無料
参加方法
事前予約不要。直接、会場にお越しください。
主催
日本科学未来館、東京都
問い合わせ先
日本科学未来館
Tel:03-3570-9151(代表)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。