イベント情報

イベントアーカイブ

<トーク&ワークショップ> "目で見る"だけじゃない!未来のVRとは?要申込

南澤孝太氏
さわり心地を記録する装置 TECHTILE toolkit

最近よく"VR"という言葉を耳にしませんか?
「ヘッドマウントディスプレイ」という大きなゴーグルのようなものを装着すると、現実ではないのに、まるで現実のように感じられる3D映像を見ることができる、今非常に注目されている技術です。

このイベントでお話しする南澤孝太先生は、そういった VR技術の「さらにその先」に着目している研究者です。視覚の情報だけではなく、触覚(さわりごこち)も情報にしてVR技術に組み込んでみたら、どんなことができるのでしょうか。

目で見るだけではない「未来のVR」について一緒に考え、触覚を情報にする技術を実際に体験してみましょう!

講師: 慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科 南澤孝太准教授

このイベントは2部構成で行われます。
【第1部】 13:30~14:10 南澤先生トーク
【第2部】 14:20~15:00 触覚についてのワークショップ
※お申し込みをされる方は、第1部・第2部ともに優先的に席をご案内いたします。
※第1部に関しては席数に余裕があるため、お申し込みがなくてもご参加いただけます。その場合立ち見になってしまう可能性がございますこと、ご了承ください。

開催日時
2016年8月24日(水) 13:30~15:00
(トーク:13:30~14:10/ワークショップ:14:20~15:00)
開催場所
日本科学未来館 5階 常設展 コ・スタジオ(トーク)/4階 研究エリアCyber Living Lab(ワークショップ)
※イベント開始10分前にコ・スタジオにお集まりください。
※ワークショップ会場には、トークが終わり次第、スタッフがご案内します。
対象
小学校4年生以上(それ未満のお子様は保護者の方の同伴が必須)
定員
30人
※ただし、トークイベントには立ち見での参加可能
参加費
入館料のみ
申込方法
WEBによる申込、先着順。下記に表示される[お申込みボタン]より、「イベント申込フォーム」にてお申込みください。 定員に達し次第募集を締め切ります。
主催
日本科学未来館、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科
協力
JST ACCEL 身体性メディアプロジェクト
問い合わせ先
日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。