イベント情報

イベントアーカイブ

サイエンティスト・クエスト―あなたと考えるあたらしい科学とくらし「体をさわって健康がわかるロボット」

小林 洋 氏
うなじのかたさをはかって、スマホに表示(開発中)

あなたと科学の接点は、どこにあるのでしょうか?
みなさんの未来をつくる「科学」。世界をかえる「科学」。
ときに「科学」は、私たちに新しい視点をもたらします。そして誰かが見た新しい世界を、自分も見てみたいという思いをかきたてます。
サイエンティスト・クエストは、第一線の研究者とみなさんが一緒に、答えのない疑問に向き合う場。まずは研究者が、自らの研究とみなさんの生活をつなぐ「問い」をひとつ投げかけます。この「問い」を入り口に、新しい科学と自分のくらしの接点を探してみませんか。
あなたが何を考え、何を想うか、教えてください。
きっとそこから新しい世界が見えてくることでしょう。


本日の「問い」

『健康でない』とあなたが生活の中で感じるのはどんなときですか?


本日の研究者 

小林 洋(こばやし よう)氏
(早稲田大学次世代ロボット研究機構/科学技術振興機構さきがけ研究者(兼任))

東京都生まれ、東京都育ち。
聖徳学園高等学校,早稲田大学 理工学部 機械工学科 卒業
早稲田大学 理工学研究科 博士(工学)
早稲田大学理工学術院 助手、研究院講師、研究院准教授などを経て、
現在、早稲田大学 次世代ロボット研究機構 研究院准教授(主任研究員) および JST さきがけ研究者(兼任)


研究内容について小林氏より

臓器や筋肉の調子は、健康とふかい関係にあります。
私は、その「かたさ」をはかり健康を守るロボットを研究しています。
このイベントでは、なぜ「かたさ」が重要なのかお伝えします。
そして、みなさんにとって健康とは何か、ぜひ考えを聞かせてください。

企画・ファシリテーション: 志水 正敏(日本科学未来館科学コミュニケーター)

開催日時
2016年7月2日(土)  11:30~12:15、15:30~16:15
※2回開催。内容は同じです。
※研究者トーク30分の後は、研究者との座談会にうつります。研究者とフリースタイルでの対話をお楽しみください。
開催場所
日本科学未来館 5階 コ・スタジオ
対象
小学4年生以上
定員
席数は30名程度 (立ち見でもご覧いただけます)
参加費
入館料のみ
参加方法
事前申し込み不要。 直接会場にお越し下さい。
※撮影した写真やビデオを、広報などの目的で使用およびYouTube等に公開する場合があります。 予め、ご了承ください。
主催
日本科学未来館
問い合わせ先
日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。