イベント情報

イベントアーカイブ

特別イベント「世界のはじまりをさぐる」

光電子増倍管

常設展(3~5階)のリニューアル工事に伴う展示エリア一部閉鎖を機に、未来館の人気展示やコンテンツを1階の企画展示ゾーンに集め、宇宙、地球、生命分野それぞれの「はじまり」をテーマにして、最新研究成果とともに紹介します。
会場は、展示エリア、トークエリア、シアターエリアで構成されます。展示エリアでは、「宇宙はいつどのようにして誕生したのだろう」など、誰もが疑問に思ったことのあるテーマについて最先端の研究を模型やパネル、映像で紹介します。トークエリアでは、未来館の科学コミュニケーターが会期中、毎日トークイベントを開催。シアターエリアでは迫力ある大画面で、宇宙、地球、生命分野それぞれの映像作品をお楽しみいただけます。
展示、トーク、シアターの3つを通して、先端科学が迫るさまざまな「はじまり」に触れることのできる本イベント。常設展と同様、子どもから大人までさまざまなスケールで"世界"のしくみをさぐることのできる内容です。

展示エリア

・生命のはじまりをさぐる
生命が最初に誕生した有力な場所として注目を集めている深海の熱水噴出孔。深海生物の標本などとともに、どのように生命がはじまったのかを考えます。

・太陽系・地球のはじまりをさぐる
太陽系の起源や進化を知るために小惑星を目指し飛行中の探査機「はやぶさ2」の模型や、初代「はやぶさ」の帰還カプセルのレプリカなどを展示。私たちがいる地球や太陽系がどのように作られたのかを解き明かす研究を紹介します。

・宇宙のはじまりをさぐる
2015年ノーベル物理学賞の受賞で話題になったニュートリノを観測するセンサー「光電子増倍管」のレプリカをはじめ、現在建設中の超巨大望遠鏡「TMT」の模型などを展示。宇宙の誕生を解き明かそうとする研究の数々を紹介します。


トークエリア

asimo

会期中、未来館の科学コミュニケーターやボランティアがさまざまな科学の話題をわかりやすく紹介するミニトークを毎日実施します。
時間: 11:35 / 12:35 / 13:35 / 14:35 / 15:35
所要時間: 各回 約15分間
約30席、予約不要、入退場自由
〔2015年1月31日(日)の11:35および14:35の回は研究者によるトークイベントを実施〕


シアターエリア

会場内の大型スクリーンで、宇宙、地球、生命などをテーマにした4本の映像作品を会期中毎日、上映します。迫力ある大画面で子どもから大人までお楽しみいただけます。(2Dでの上映となります)
約100席、予約不要、入退場自由


上映プログラム

asimo
「Young Alive! iPS細胞がひらく未来」
©日本科学未来館
asimo
「FURUSATO 宇宙からみた世界遺産」
©日本科学未来館、株式会社TBSビジョン
asimo
「宇宙エレベータ 科学者の夢みる未来」
©日本科学未来館、シブヤテレビジョン、エッグボックス
asimo
「ちきゅうをみつめて」
©日本科学未来館

「Young Alive! iPS細胞がひらく未来」 10:30 / 13:30 (約30分間)
iPS細胞について、小学6年生の主人公「のぞみ」の体験を通して分かりやすく紹介する映像作品。CGで表現されたiPS細胞は、まるで細胞の中を旅しているかのようです。
詳細

「FURUSATO 宇宙からみた世界遺産」 11:10 / 14:10 (約40分間)
地球観測衛星からみた美しい地球模様とともに、世界三カ所の世界遺産の姿をその地で暮らす子どもたちの目線を通したストーリーに乗せて展開します。
詳細

「宇宙エレベータ 科学者の夢みる未来」 12:00 / 15:00 (約30分間)
宇宙エレベータが建設された21世紀後半、主人公ミクが宇宙ステーションで働く父親に会いに、宇宙エレベータに乗って初めて宇宙へ旅立つ冒険の物語です。

「ちきゅうをみつめて」 12:50 / 15:50 (約30分間)
地球環境をテーマにしたファミリー向けのアニメーション番組。私たち人間とほかの生物たち、そして地球との間にある大切なことに気づき、考える物語です。
詳細

開催期間
2016年1月13日(水)~2月7日(日)※休館日除く
開催場所
日本科学未来館 1階 企画展示ゾーン
参加費
無料
主催
日本科学未来館
問い合わせ先
日本科学未来館
TEL: 03-3570-9151(代表)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。