イベント情報

イベントアーカイブ

だれでもプロジェクト ―障害者週間2015 展示ツアー「みえる人とみえない人のミライカンバセーション -ロボットとわたし」要申込

スパイラル開館30周年記念展での鑑賞ワークショップの様子。
横浜美術館での鑑賞ワークショップの様子。
文化庁メディア芸術祭での鑑賞ワークショップの様子。

未来館の展示を誰かと一緒に語りあったら、どんな体験になるでしょう?
このプログラムでは、視覚障害のある方をナビゲーターにお迎えし、参加者のみなさん、科学コミュニケーターと一緒に、見えるものを言葉にしながら展示を見学します。ロボットに出あったとき、きっと1人1人違った感情が生まれるでしょう。異なる背景から生まれる、誰にも見えないその気持ちも言葉にしていきます。ていねいに言葉にすることが、新たな気づきを生むかもしれません。
障害のある方もない方もご参加いただけます。初めて未来館に来る方も、未来館をよく知っている方も歓迎です。一緒に新しい未来館の体験をつくってみませんか。

※本イベントは、子どもたちの科学へ興味を育むGoogle Field Trip Tripプログラムとして実施されます。
※障害をお持ちの方で、初めての来館でご不安をお持ちの方、またはご質問をお持ちの方は、連絡事項欄にご記入ください。担当者より電話またはメールにてフィードバックいたします。

共催:視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ
障害の有無にかかわらず、多様な背景を持つ人が集まり、感じていることや印象、経験や考えを自由に語り合いながら一緒に美術を鑑賞するワークショップを行っている団体。都内近郊の美術館にて多数のワークショップを展開している。

関連する常設展示

ロボットワールド
アンドロイド

開催日時
2015年12月5日(土)・12月6日(日) ①10:10~12:10、②14:50~16:50
開催場所
日本科学未来館 常設展示エリア
対象
中学生以上
定員
12月5日各回8名、12月6日各回16名
参加費
無料
申込方法
WEBによる申込、抽選制。
下記に表示される「お申し込みボタン」より「イベント申込フォーム」にてお申込みください。
応募締切は12月2日(水)17時となります。締切後に抽選結果をご連絡いたします。
障害をお持ちの方は、その旨を連絡事項にご記入ください。
主催
日本科学未来館、Google Field Trip Days、特定非営利活動法人スローレーベル
共催
視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ
問い合わせ先
日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。