イベント情報

イベントアーカイブ

サイエンティスト・クエスト―あなたと考えるあたらしい科学とくらし「親子の絆を科学的に考えてみよう」

あなたと科学の接点は、どこにあるのでしょうか?
みなさんの未来をつくる「科学」。世界をかえる「科学」。
ときに「科学」は、私たちに新しい視点をもたらします。そして誰かが見た新しい世界を、自分も見てみたいという思いをかきたてます。
サイエンティスト・クエストは、第一線の研究者とみなさんが一緒に、答えのない疑問に向き合う場。まずは研究者が、自らの研究とみなさんの生活をつなぐ「問い」をひとつ投げかけます。この「問い」を入り口に、新しい科学と自分のくらしの接点を探してみませんか。
あなたが何を考え、何を想うか、教えてください。
きっとそこから新しい世界が見えてくることでしょう。


本日の「問い」

『私たちはどうして自分の子ども/お父さん/お母さんが分かるのでしょう?顔、声、それとも・・・??』

本日の研究者

吉田 さちね(よしだ さちね)氏 (東邦大学医学部/科学技術振興機構さきがけ)
東京都生まれ、茨城県育ち
筑波大学第二学群生物学類 卒業
筑波大学大学院人間総合科学研究科 修了(博士(神経科学))
理化学研究所、筑波大学、東京大学生産技術研究所にて研究員
現在、東邦大学医学部助教および科学技術振興機構さきがけ研究者(兼任)


研究内容について吉田氏より

私たち人間も含め哺乳類にとって、親子の絆は生きていく上でとても大切です。
視覚や嗅覚、皮膚感覚など様々な感覚を使って親と子は絶えずダイナミックなやり取りをしています。親子関係がうまくいくように心配りをしているのは親だけではありません。実は子どもも色々な工夫をしているのです。そんな親子の絆を科学的に考えてみましょう。

企画・ファシリテーション:長谷川 麻子(日本科学未来館科学コミュニケーター)

開催日時
2015年11月29日(日)
①10:45~11:30
②13:30~14:15
③14:45~15:30
※3回開催。内容は同じです。
※研究者トーク30分の後は、研究者との座談会にうつります。研究者とフリースタイルでの対話をお楽しみください。
開催場所
日本科学未来館 5階 常設展示「ともに進める医療」の前にお集まりください。
対象
小学4年生以上
定員
20名程度
参加費
入館料のみ
参加方法
事前申し込み不要。 直接会場にお越し下さい。
主催
日本科学未来館
問い合わせ先
日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。