イベント情報

イベントアーカイブ

サイエンティスト・トーク「細胞の中、『生!』で見せます。-光るタンパク質が語る生命の世界」要申込

宮脇敦史氏 (写真提供:理化学研究所 脳科学総合研究センター)
紫外光照射で緑色から赤色に変わる蛍光タンパク質が見つかったヒユサンゴ (写真提供:理化学研究所 脳科学総合研究センター)

生きた細胞の中をリアルタイムに観察できるバイオイメージング研究の第一人者、宮脇敦史氏を招き、最新の研究事例を紹介します。
宮脇氏が取り組むバイオイメージングのカギは、サンゴやウナギなど光る生き物から発見した蛍光タンパク質。蛍光タンパク質をつかって、どのように細胞内部の様子をリアルタイムに観察することができるのでしょうか?また、この技術が私たちの未来をどのように変えていくのでしょうか?本イベントでは、普段は見ることができない、躍動感ある細胞の様子を動画やスライドで見ていきながら、革新的なバイオテクノロジーが切り拓く未来について、みなさんと一緒に考えます。



講師

宮脇敦史氏(理化学研究所 脳科学総合研究センター 副センター長/細胞機能探索技術開発チーム チームリーダー、同研究所 光量子工学研究領域 生命光学技術研究チーム チームリーダー)
1961年岐阜県生まれ。1987年慶応義塾大学医学部卒業。1991年大阪大学医学部大学院医学研究科博士課程修了。1995年カリフォルニア大学サンディエゴ校博士研究員を経て、1999年より理化学研究所 脳科学総合研究センター 細胞機能探索技術開発チーム チームリーダー。2008年より同センター 副センター長。2013年より光量子工学研究領域 生命光学技術研究チーム チームリーダー。

※このイベントは、バイオテクノロジーの理解を深める国際プロジェクト「ワールド・バイオテクノロジー・ツアー」の一環として開催します。冒頭では記念セレモニーを行い、ワールド・バイオテクノロジー・ツアー主催者および毛利衛(未来館館長)によるご挨拶があります。

ファシリテータ-:金 祉希(日本科学未来館 科学コミュニケーター)

開催日時
2015年8月8日(土) 14:30~15:45
開催場所
日本科学未来館 7階 イノベーションホール
対象
どなたでもご参加いただけますが、講演内容は小学4年生以上を対象にしています。
定員
100名
参加費
なし
申込方法
WEBによる申込、先着順。下記に表示される[お申込みボタン]より、「イベント申込フォーム」にてお申込みください。 定員に達し次第、募集を締め切ります。
申込締切
2015年8月1日(土)まで
主催
日本科学未来館
共催
Association of Science- Technology Centers (ASTC)
協賛
Biogen Foundation
問い合わせ先
日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。