イベント情報

イベントアーカイブ

第38回日本神経科学大会市民公開講座「脳科学の達人」 プレビュー

宇宙で最も複雑なシステムと言われる脳。神経科学において国内外で活躍する若手・中堅研究者が、それぞれの最新の研究成果について紹介します。
プレゼンテーションは個人的な体験を交えたストーリーテリング形式で行い、研究内容のみでなく、その裏にある研究者のマインドやパッションに触れていただきます。
さらに、研究者たちが現在、解き明かそうとしている脳の作動原理の青写真を描き出すことで、神経科学の興奮を伝えます。本企画は、本年7月31日に開催される日本神経科学大会の市民公開講座「脳科学の達人」のプレイベントとして開催します (発表の内容は本番企画とほぼ同一です)。
大学学部生程度の知識を有する一般市民の方々を対象とした内容です。

演題

林 朗子 (東京大学大学院医学系研究科 特任講師)

"青い光で記憶を消す!神経生物学的に、「分かる」ということはどういうこと

か?"

土谷 尚嗣 (モナシュ大学心理学・精神医学学部 准教授)

"我々にはどうして意識があるのか?"

小林 克典 (日本医科大学薬理学 准教授)

"脳細胞は若返る -抗うつ薬の作用メカニズム解明を目差して-"

開催日時
2015年5月15日(金) 16:00~17:45
開催場所
日本科学未来館 7階 会議室2
お問い合わせ
06-6350-7163(第38回日本神経科学大会 運営事務局)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。