イベント情報

イベントアーカイブ

南十字星の空に巨大望遠鏡を向けて -オーストラリア天文学者が語る宇宙のすがた-要申込

ブライアン・シュミット教授
ブライアン・ボイル教授

宇宙はどのように始まり、これからどこへ向かうのか。世界中の天文学者がこの謎を解き明かそうと光学望遠鏡や電波望遠鏡などを駆使し様々な光(波長)で夜空を観測しています。今回のイベントではオーストラリアから世界トップレベルの科学者2名をお招きし、これまでの研究成果を披露していただくと同時に、今後の天文学の展望について語っていただきます。

また講演に先立ち、館長の毛利衛よりブライアン・シュミット教授を未来館の名誉館員として顕彰いたします。
(日英同時通訳あり)

講師

ブライアン・シュミット教授(オーストラリア国立大学 名誉教授)
1993年にハーバード大学にて博士号を取得。宇宙の加速膨張に関する研究で、アダム・リース、ソール・パールムッターとともに2011年ノーベル物理学賞を受賞。

ブライアン・ボイル教授(オーストラリア・スクエア・キロメートル・アレイ(SKA)オフィスのディレクター)
SKAは次世代の電波望遠鏡であり、オーストラリアと南アフリカの共同プロジェクトである。以前はアングロ・オーストラリアン天文台のディレクター(1996-2003)、オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)オーストラリア国立望遠鏡機構(2003-2009)を歴任。

顕彰状授与: 毛利衛(日本科学未来館 館長)
企画・ファシリテーション: 早川知範(日本科学未来館 科学コミュニケーター)

ライブ配信について

本イベントはUstreamでライブ中継を行います。
http://www.ustream.tv/channel/live-miraikan

開催日時
2014年4月26日(土)14:30~16:00 (受付14:00~)
開催場所
日本科学未来館 7階 みらいCANホール
対象
どなたでもご参加いただけますが、講演内容は中学生以上を対象にしています。
定員
300名
参加費
無料
申込方法
WEBによる申込、先着順。下記に表示される[お申込みボタン]より、「イベント申込フォーム」にてお申込みください。 送信完了画面が表示されたら受付完了です。
※定員に達し次第募集を締め切ります。
問い合わせ先
日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。