開催中・開催予定のイベント

宇宙

ドイツ航空宇宙センター巡回展示「火星の新しい視点 ~"マーズ・エクスプレス"がとらえた高解像度3D写真~」

火星探査機マーズ・エクスプレス(イメージ)
マーズ・エクスプレスがとらえた火星にあるクレーター

 "マーズ・エクスプレス"は、欧州宇宙機関ESA の最初の惑星ミッションとして2003年に打ち上げられた探査機で、10年以上火星上の軌道を回り、現在も地質や鉱物、大気の研究を行っています。"マーズ・エクスプレス"に搭載されたドイツ製高解像度ステレオカメラ(HRSC)は、火星の地形を人の眼で見るのと同様に記録し、火星の地表を解像度約10メートルの3D フルカラーで写すことができます。

本展示では、数十億年にわたって火星の地形を形作った地質学上の主要な9過程(火山活動、水、氷、浸食、風、地殻運動、極地、堆積作用、衝突クレーター)の画像と、火星やその衛星の最新探査機に関するさまざまな情報をパネルや映像で紹介します。

地球とは異質でありながら、身近に感じられる地形を持つ隣の惑星の姿と、それを詳細に解明していく探査技術の進歩をご覧いただけます。

開催日時
2014年4月16日(水)~9月1日(月)
開催場所
日本科学未来館 7階ドームシアター前
対象
小学生以上
参加費
無料
主催
ドイツ連邦共和国航空宇宙センター
共催
日本科学未来館
問い合わせ先
日本科学未来館
TEL: 03-3570-9151
FAX: 03-3570-9150
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。