イベント情報

イベントアーカイブ

女性宇宙飛行士が語る-無限大の可能性-要申込

トレイシー・コールドウェル・ダイソン博士
国際宇宙ステーション滞在中のダイソン博士
松浦真弓氏

アメリカ航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士であるトレイシー・コールドウェル・ダイソン博士をお迎えし、小学生・中学生向けのトークイベント「女性宇宙飛行士が語る-無限大の可能性-」を開催します。

宇宙空間とはどんな場所なのか、船外活動で苦労したことなど、宇宙遊泳を体験した数少ない宇宙飛行士ならではのお話を伺います。また、宇宙から見た地球についても、未来館の球体ディスプレイ「Geo-Cosmos(ジオ・コスモス)」に映し出される地球に関する観測データを一緒に眺めながら伺います。博士のライフストーリーを振り返りながら、宇宙や地球の魅力、女性宇宙飛行士として活躍する意義について語って頂きます。

さらに特別ゲストとして宇宙航空研究開発機構(JAXA)でフライトディレクターをつとめる松浦真弓氏をお招きします。国際宇宙ステーションの「きぼう」日本実験棟、そして「きぼう」で活躍する宇宙飛行士たちを地上から支えてきた経験をもとに、小学生や中学生からのさまざまな質問にお答え頂きます。

トレイシー・コールドウェル・ダイソン博士 略歴
1969年生まれ。アメリカ航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士、化学者。1998年NASAの宇宙飛行士の候補に選ばれ、2007年に最初の宇宙飛行を経験。エンデバーのミッションスペシャリストを務めた。2010年4月4日から9月25日までは、第24次長期滞在の一員として、国際宇宙ステーションに174日間滞在。カリフォルニア大学フラトン校の学生時代は、大気中の気相化学を研究、有害化学物質や放射性物質を用いた研究室の環境モニタリング、化学物質や放射性廃棄物の処理に携わり化学学士号を取得。カリフォルニア大学デービス校大学院にて痕跡物質の化学イオンのスペクトル解析法を開発し、物理化学博士号を取得している。

松浦 真弓 氏 略歴
1965年埼玉県生まれ。1986年宇宙開発事業団(現:宇宙航空研究開発機構)に入社。女性技術者第一期生として、衛星やロケットの軌道追跡を担当する。2008年の「きぼう」第一便の打ち上げでは、フライトディレクターとして地上の運用管制チームの指揮を執る。2012年には宇宙ステーション補給機「こうのとり」のフライトディレクターに就任。

企画・ファシリテーション: 早川知範(日本科学未来館 科学コミュニケーター)

ライブ配信について

本イベントはUstreamでライブ中継を行います。
USTREAM: LIVE_Miraikan

開催日時
2014年3月28日(金) 15:00~16:45
開催場所
日本科学未来館 3階 常設展示フロア
対象
小学生・中学生
定員
70名
参加費
無料
参加方法
事前申込制。イベントの受付は終了しました。
※撮影した写真やビデオを、展示記録や広報などの目的で使用する場合があります。 予め、ご了承ください。
主催
米国大使館、日本科学未来館
協力
宇宙航空研究開発機構(JAXA)
問い合わせ先
日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。