イベント情報

イベントアーカイブ

CHIKYU+10国際ワークショップ関連広報イベント『「冒険宣言!地球の宇宙へ」 ―「はやぶさ」と、「ちきゅう」と。』

高井研氏
吉川真氏
長沼毅氏
サッシャ氏

2010年に完了したはやぶさプロジェクトや、地球深部探査船「ちきゅう」による超深海底からのサンプル採取など、現在、日本は惑星と深海探査の両方において世界のトップを走る存在です。

今回はJAMSTEC上席研究員の高井研氏、「はやぶさ2」ミッションマネージャの吉川真氏、広島大学の長沼毅氏をお迎えし、小惑星探査、地球深部探査、生命探査という3つの視点から「地球と生命」というテーマに迫ります。

宇宙からの、地球深部から持ち帰ったサンプルは私たちに何を語りかけるのでしょうか。
科学コミュニケーター本田隆行による「世界をさぐる」展示リポート、第一線の研究者たちから聞く研究最前線、研究者と参加者との語り合いを通して考えます。
 

- プログラム -

13:30-13:45 イントロダクション

未来館探検「世界をさぐる」展示フロアレポート
日本科学未来館 科学コミュニケーター 本田隆行

13:45-14:15 話題提供「極限からのサンプルリターンを目指せ! 」
小惑星編 宇宙航空研究開発機構 「はやぶさ2」ミッションマネージャ 吉川真
地球深部編 海洋研究開発機構 上席研究員 高井研

14:15-14:30 話題提供「地球の辺境から見た宇宙と生命」
広島大学生物圏科学研究科 准教授 長沼毅

14:40-15:20 トークセッション「極限からのサンプルは何を語るのか? キミは宇宙? 地球深部? それとも? 」
高井研、長沼毅、本田隆行、吉川真

15:20-15:30 挨拶
海洋研究開発機構 理事長 平朝彦

総合司会 サッシャ


- 登壇者プロフィール -

高井 研(たかい けん)
独立行政法人海洋研究開発機構 深海・地殻内生物圏研究プログラム
プログラムディレクター
1969年生まれ。超好熱菌の微生物学、極限環境の微生物生態学、深海・地殻内生命圏における地球微生物学を経て、現在は地球における生命の起源・初期進化における地球微生物学および太陽系内地球外生命探査にむけた宇宙生物学を研究。主な著作に「生命はなぜ生まれたのか 地球生物の起源の謎に迫る(幻冬舎)」など。

吉川 真(よしかわ まこと)
独立行政法人宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所
小惑星探査機「はやぶさ2」ミッションマネージャー
准教授
1962年栃木県栃木市生まれ。専門は天体力学。「はやぶさ」等の太陽系天体探査ミッションを中心に仕事をしつつ、天体の地球衝突問題(スペースガード)についても研究を進めている。

長沼 毅(ながぬま たけし)
国立大学法人広島大学大学院生物圏科学研究科
准教授
1961年生まれ。専門は海洋生態・環境、極限環境微生物学。南極や深海など極限環境に広がる生命圏を探る研究を行っている。主な著作に「生命とは何だろう?(集英社インターナショナル)」ほかメディア出演も多数。

サッシャ
タレント
9月22日生まれ。ドイツ語、日本語、英語を自在に操る国際派ナビゲーター。大学での専攻は環境学。
TVではツール・ド・フランス(J Sports)の解説、NHKドイツ語講座でお馴染み。JAMSTECが配信する「ちきゅうTV」のメインナビゲーターを務めている。
 

開催日時
2013年4月14日(日) 13:30~15:30(13:00開場)
開催場所
日本科学未来館 7階 みらいCANホール
定員
300名(先着順)
参加費
無料
参加方法
事前申込み不要。当日直接開場へお越しください。
※会場が満席の際は、隣接会場でご観覧いただけます。
主催
独立行政法人海洋研究開発機構
共催
日本科学未来館
協力
独立行政法人宇宙航空研究開発機構
問い合わせ先
日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。