イベント情報

イベントアーカイブ

南極授業「先生は今、南極にいます!! ~非日常のエコロジー~」要申込

伊村智准教授
森田好博先生(朝日新聞社提供)
長井秀子先生(朝日新聞社提供)

未来館と南極昭和基地をライブで結び、南極観測隊に同行した2人の先生が、南極での体験をもとに昭和基地から特別授業をおこないます。
授業では、南極という非日常の自然環境やそこに生きる動植物の不思議、そして観測隊員の暮らしを通して、私たちの身の回りの環境や地球の未来を考えていきます。衛星回線により、東京、大阪の会場から南極の先生への質問も可能です。
また、南極からの授業のほか、国立極地研究所の伊村智氏による講演、南極の隕石や防寒服の実物展示なども行い、南極について幅広く紹介します。

*今回の南極授業は、国立極地研究所「教員南極派遣プログラム」の一環として行われます。
*当日は、イベントの様子を撮影及びインターネット配信させて頂きますので、あらかじめご了承下さい。
*イベントでは、未来館、昭和基地のほか、大阪会場(アサコムホール)とも中継を行います。大阪会場への参加については、朝日新聞大阪本社アサコムホール(Tel 06-6201-8033)までお問い合わせください。

■プログラム(予定)■
・14:30~15:10
未来館からの講演「南極から見える私たちの未来」

伊村智(国立極地研究所・准教授)

・15:10~16:20
南極昭和基地からの「南極授業」

森田好博(奈良県立奈良高等学校・教諭)
「現地から、南極のかけがえのない自然のすばらしさ、隊員の活動、観測内容について紹介したい。」
長井秀子(習志野市立大久保小学校・教諭)
「南極は、自分たちが住んでいる日本と、何が、どう違うのか。小学生の視線で分かりやすく南極を伝えたい。」

・16:20~16:30
第51次南極観測隊 観測隊長からのメッセージ

当日の授業の様子は、リアルタイムでストリーミング配信します。
また、授業に向けて、Twitter投稿により、授業で知りたいことや授業への期待を募集しています。
南極授業特設サイト(ストリーミング配信、Twitter投稿)
→終了しました。

開催日時
2010年2月6日(土) 14:30~16:30 (13:00 開場)
開催場所
日本科学未来館 1階 企画展示ゾーンb
対象
小学4年生以上
定員
220名
申込方法
WEBによる申込、先着順。下記の[お申込みボタン]より、「イベント申込フォーム」にてお申込みください。当日は、イベント受付にてお名前をおっしゃって下さい。※定員に達し次第募集を締め切ります。※イベントへの要望、授業で知りたいことがある方は申し込みフォーム内の連絡事項にご記入ください。
主催
国立極地研究所(大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構)
共催
日本科学未来館
協力
朝日新聞社
問い合わせ先
日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)

WEBからのお問い合わせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。