イベント情報

イベントアーカイブ

サイエンスアゴラ2007 -みんなでつなごう未来のスイッチ-

① ©科学技術コミュニケーション工房 スペースタイム
② © ESA
③ ©科学技術コミュニケーション工房 スペースタイム
④ © 科学技術振興機構 メディア課

あなたのまわりのサイエンスを「感じて・考え・語り合い・楽しむ」、日本最大級のサイエンスコミュニケーションイベント!

サイエンスアゴラは、"科学と社会をつなぐ"広場(アゴラ)となることを標榜し、2006年から始まりました。 サイエンスに対して知りたいこと、考えていること、言いたいこと、訴えたいことがある一般市民から科学者・研究者まで、全ての方々に開かれた広場です。
各地で活動するNPOや企業、公的機関、大学研究室などの団体や、ボランティア活動や研究を行う個人が、シンポジウム・ワークショップ・ショー・展示など多くの企画を出展します。 あらゆる企画を通じて、サイエンスと、サイエンスが社会にもたらす影響やサイエンスにまつわる様々な問題について、共に考え、楽しむ双方向のコミュニケーションを行うイベントです。

3日間にわたり、80以上のプログラムが開催されます!
詳細はサイエンスアゴラホームページにて


おすすめプログラム

【講演】
①「講演会 ユメミルチカラ~宇宙に挑戦する理由」
11月23日(金・祝) 13:30~15:20
田舎の町工場が北海道大学と共同でロケットの研究開発をしています。 植松さんはじめ、工場、大学、そして地域の人たちも巻き込んで真剣に宇宙を目指している様子を聞きながら、ユメミルチカラを持つことのできる社会づくりを考えます。


【講演】
②「みんなで探そう 第2の地球-世界天文年2009プレ・イベント」
11月24日(土) 10:00~12:00
再来年2009年は世界天文年。 宇宙と生命、宇宙と私たち人類について考えてみようという年です。 本イベントでは、地球以外に生命の宿る星はあるのか? という「第二の地球探し」の現状について、日本を代表する研究者同士が熱く語り合います。   

【ワークショップ】
③「ロケットをつくろう!ワークショップ」
11月24日(土) 10:00~12:00
小学生対象のロケット制作ワークショップです。 北海道でロケットエンジンを開発している植松努氏を迎え、ロケットのしくみを学Wび、自分達の手でロケットをつくってみましょう。 飛行実験の動画上映やCAMUIロケットの展示もします。   

【参加型イベント】
④「かがくナビ 折り紙飛行機大会」
11月23(金・祝)、24日(土) 13:00~17:00
一枚の紙でつくる折り紙ヒコーキで世界記録を!滞空時間、飛行距離、アキュラシーといった競技を通じ、折り紙ヒコーキの達人や航空工学研究者と一緒に空を飛ぶしくみを科学します。 家族みんなで参加してください。
  
【参加型イベント】
⑤「miniセルフェスタ2007 in 東京」
11月23日(金・祝) 10:00~17:00
私たち生物は、多くの細胞からできています。 その細胞の各々が、命の根源となる大切な働きを担っているのです。 細胞の観察や実験を通してその不思議に触れ、細胞研究の楽しさを知っていただきたいと思っています。

【展示、セミナー】
⑥「サイエンス・スクエア臨海 休日特別公開・特別講演会」
11月23日(金・祝) 10:00~17:00
サイエンス・スクエア臨海の展示コーナーを公開、産総研の研究・開発の成果をご覧いただくと共に、研究室の特別公開や特別講演、展示コーナー御案内ツアー、試乗会なども行われます。
 

開催日時
2007年11月23日(金・祝)~2007年11月25日(日)
開催場所
日本科学未来館、東京国際交流館、産業技術総合研究所
主催
独立行政法人科学技術振興機構
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。