イベント情報

イベントアーカイブ

企画展『サイエンスニュース!アジア展』 関連イベント 「Meet サイエンティスト!宿題祭り」ワークショップ:火山と共に生きるために要申込

高田亮 氏

アジアの中で、日本やインドネシアは多くの火山をもつ国です。 このワークショップでは、直接目にすることができない火山活動を、身近な材料を使い、日常スケールにおきかえて調べます。 また、噴火後の熔岩が流れる様子を模擬実験で体験できます。 火山と共に暮らす知恵と恩恵を研究者のレクチャーを交え、参加者全員で考えるワークショップです。

-講師-
 高田亮 氏(独立行政法人 産業技術総合研究所)

-略歴-
1985年 東京大学大学院理学系研究科地質学博士課程修了
1987年 通商産業省工業技術院 地質調査所入所
2001年 独立行政法人 産業技術総合研究所
地球科学情報研究部門マグマ活動研究グループ主任研究員
2006年 独立行政法人 産業技術総合研究所
地質調査情報センター 地質調査企画室 国際連携主幹
2006 年 筑波大学連携大学院 生命地球進化科学専攻
地球物性科学 教授を併任

-最近の研究紹介-
有珠火山と三宅島2000年噴火の調査活動に参加すると共に、インドネシアで大規模噴火をした火山や富士火山の事例研究を通じて、マグマ上昇の仕組みや噴火史を研究しています。 マグマの上昇から割れ目噴火へのアナログ実験(規模を縮小した模擬実験)も試み、地質、地球物理との融合活動および、アナログ実験を利用した火山の一般普及活動も行っています。

開催日時
2007年8月25日(土) ①15:00~15:45 ( 受付開始 14:30~ ) ②16:30~17:15 ( 受付開始 16:00~ )
2007年8月26日(日) ③15:00~15:45 ( 受付開始 14:30~ ) ④16:30~17:15 ( 受付開始 16:00~ )
開催場所
日本科学未来館 1階 企画展示ゾーンa 「サイエンスニュース!アジア展」会場内 アジアの広場
参加費
企画展『サイエンスニュース!アジア展~アジアの力、科学の力、を伝えます』の入場券が必要です。
応募期間
~2007年8月24日(金)※締め切り日以前でも定員に達した場合は締切とさせて頂きます。 ご了承ください。
申込み方法
WEBでのお申し込み
定員
各回15名
主催
日本科学未来館
お問い合せ先
日本科学未来館 科学コミュニケーション推進室 今岡
Tel: 03-3570-9208
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。