イベント情報

イベントアーカイブ

「地下展 UNDERGROUND」関連プレイベント『ちきゅう×地下×みらい』(全5回)第1回 「地下世界~足下は意外と遠いんです~」要申込

芦 寿一郎氏
東京大学海洋研究所の海中探査ロボット「NSS」

秋開催の地下展に先立って、プレイベントを実施いたします。
第1回は東京大学大学院から芦寿一郎先生を招き、地球内部についての話題や、海洋掘削から一体何が分かるのかを実験を通して皆さんにお伝えします。もちろん、掘削船"ちきゅう"の他では聞けないお話や、企画展「地下展」の内容もどこよりも先にご紹介します。

【講師プロフィール】

芦 寿一郎 (あし じゅいちろう)
東京大学大学院 新領域創成科学研究科 准教授

1961年大阪市出身。神戸大学大学院修士課程修了、東京大学大学院博士課程修了、理学博士。日本学術振興会特別研究員(PD)、東京大学大学院助手、東京大学海洋研究所助教授を経て現職。専門は海洋地質学。著書に「東海沖の海底活断層」(東京大学出版会)など。

【最近の研究内容】
調査船を用いてプレート沈み込み帯の活断層を調べ活動度の推定を目指しています。また、地層がどのように変形し岩石化してゆくのか、その際の流体やガスの移動、メタンハイドレートの形成・分解にも興味を持っています。これらの研究に必要な試料をピンポイントで深海底から取ってきたり、観測機器を海底に設置したりするため、海中探査ロボットの開発と運用も行なっています。

【来館者へ一言】
私たちのグループでは、この秋から掘削が開始される熊野沖の海底を、7年以上前から潜水艇「しんかい6500」や多くの調査船で調べてきました。しかし、堆積物や岩石を得ることのできるのは海底面から数メートル下の範囲に限られていました。地球深部探査船「ちきゅう」を用いることで千メートル、そして来年以降は数キロメートルの深さの岩石を手に入れて調べることができます。これまで分からなかった津波の発生過程、断層の活動履歴や地震の準備過程など、様々な新発見がなされることでしょう。

開催日
2007年8月18日(土) 14:30~15:30
開催場所
日本科学未来館 5階 地球環境とフロンティア フロンティアラボ
参加費
常設展入館料のみ
定員
40名
申込み方法
WEBでのお申し込み
応募締切
2007年8月15日(水) 17:00まで
主催
日本科学未来館
お問い合せ先
Tel: 03-3570-9259(科学調査・探求グループ )竹内
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。