イベント情報

イベントアーカイブ

未来館のキャンドルナイト ~過去をてらし未来をあかるく~要申込

石井 幹子 氏
川崎 雅司 氏

気候変動がもたらすと考えられる多くの課題に対し、温室効果ガスの削減などの取り組みが現在なされています。 私たちの生活のあり方そのものを見直す必要性が社会的にも重要視されてきています。
人類の歴史とともに古くから生活の傍にある「あかり」は、これからどのように環境と関わっていくことになるのでしょうか。
夏至の日の夜、「あかりのスペシャリスト(照明デザイナーと研究者)」をお招きして「あかり」と「環境」をキーワードに気軽に語り合えるイベントを開催します。
キャンドルナイトタイムでは「箏(こと)とフルートの演奏」をお届けいたします。 ゲストトークと和やかなひとときをお楽しみ下さい。
※内容は18歳以上の方が対象になります。

【プログラム】
18:30~19:30 ゲストトーク
19:30~20:30 キャンドルナイト

「箏とフルートの演奏」
箏: 田辺雅美和
フルート: 浜田明子
(協力:江東区音楽家協会 )

【ゲスト】
石井 幹子 氏(照明デザイナー) 石井 幹子 氏(照明デザイナー)
川崎 雅司 氏(東北大学金属材料研究所 教授) 川崎 雅司 氏(東北大学金属材料研究所 教授)

【ゲスト紹介】
石井 幹子 氏(照明デザイナー) 石井 幹子 氏(照明デザイナー)

東京芸術大学美術学部卒業。 フィンランド、ドイツの照明設計事務所勤務後、石井幹子デザイン事務所設立。 都市照明からライトオブジェや光のパフォーマンスまでと国内外で幅広く活躍する照明デザイナー。
主な作品は、東京タワー、東京駅、レインボーブリッジ等のライトアップ、函館市や長崎市の景観照明、飛騨白川郷の月明り照明など。 EXPO 2005<愛・地球博>では照明プロデューサーを務めた。 近年はオペラや野外能の照明にも取り組む。
日本照明賞、東京都文化賞をはじめ、北米照明学会より大賞及び優秀賞を受賞する等、国内外での受賞多数。 2000年秋、照明デザインへの貢献により、紫綬褒章を受章。 著書「光未来」「光の21世紀」「光の創景」「光無限」他。
光文化フォーラム代表として、国内外の光文化の継承・発展にも力を注いでいる。 この4月より、総理官邸の「美しい国づくり」企画会議メンバーに任命された。
MOTOKO ISHII LIGHTING DESIGN

川崎 雅司 氏(東北大学金属材料研究所 教授) 川崎 雅司 氏(東北大学金属材料研究所 教授)

1989年東京大学大学院工学系研究科化学エネルギー専攻修了(工学博士)。 その後、IBMワトソン研究所(アメリカ・ニューヨーク州)博士研究員、東京工業大学助手・助教授を経て2001年から現職。 一貫して、電子機能性セラミックスを原子レベルで制御して薄膜状に加工し、半導体では不可能な新しい電子機能をデバイスとして実証する研究を行ってきた。 最近は、化粧品にも使われる白い粉である酸化亜鉛を用いて、紫外発光ダイオードを発明した。 低コスト・省エネルギーの照明用光源としての可能性を追求している。 趣味は宴会。
Kawasaki Laboratory

開催日時
2007年6月22日(金) 18:30~20:30
開催場所
日本科学未来館 1階 シンボルゾーン
参加費
無料 (ドリンク料は別途)
定員
50名
申込方法
WEBでのお申し込み

主催
日本科学未来館
お問い合わせ先
日本科学未来館
〒135-0064 東京都江東区青海2-41
TEL:03-3570-9151 / FAX:03-3570-9150
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。