イベント情報

イベントアーカイブ

展示の前で研究者に会おう!「ロボットの情報科学技術」要申込

加賀美聡 氏
ヒューマノイドロボットHRP-2
車輪型ロボット

「ロボットの情報科学技術 ~ロボットがかしこく動くには? ~」
ロボットが動くためには、(1)まわりの世界をセンサから認識し、(2)与えられた目的に従ってどのように動くのか計画し、(3)計画に沿ってアクチュエーターを制御する、という三つの知能処理を行います。
本講演では主にヒューマノイドロボットを例にとり、ロボットが賢く行動するために必要な三つの処理について最新の研究をご紹介します。 ロボットの知能の現在と未来について考えてみましょう。 

講師: 加賀美聡 氏 (独立行政法人 産業技術総合研究所 デジタルヒューマン研究センター ヒューマノイドインタラクションチーム長、主任研究員)

-略歴-
1997年3月 東京大学大学院 工学系研究科 情報工学専攻博士課程修了、博士(工学)
1997年4月 日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業「マイクロ・ソフトメカトロニクス統合体 としての高度生体機能機械の研究」プロジェクトにより東京大学リサーチアソシエート
2001年4月 産業技術総合研究所入所、デジタルヒューマン研究ラボ主任研究員
2003年4月~現在 改組により、産業技術総合研究所デジタルヒューマン研究センターヒューマノイドインタラクションチーム長
2003年4月~現在 東京理科大学大学院 理工学系研究科 客員助教授
2003年4月~現在 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学系研究科 「デジタルヒューマン学連携講座」(金出・加賀美講座)客員助教授
2003年8月~現在 東京大学大学院 情報理工学系研究科 特任助教授

-最近の研究内容-
ロボットの認識、計画、制御の各機能とそれらを統合した実時間ロボットシステムの研究をしています。 また人の身近で活動するために、人間の形や動きの情報をモデル化するデジタルヒューマンの研究と、人間とインタラクションする機能の研究をしています。

開催日時
2007年3月18日(日) 15:00~16:00
開催場所
日本科学未来館 3階 ロボットワールド
定員
40名
参加費
入館料のみ
申込方法
WEBでの申込

お問い合わせ先
TEL:03-3570-9259
(対話型SC推進グループ 寺嶋)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。