イベント情報

イベントアーカイブ

ウィークエンド・カフェコンサート 第27回 「オンド・マルトノ~電波が奏でるフランス音楽~」

古来、音楽は科学とともに自然を理解するための行為でした。 未来館では、音楽と科学のつながりを感じていただくために定期コンサートを開催しています。 休日の午後、カフェで流れる音楽を聴いた瞬間、ふっと体が軽くなって頭が解きほぐされていく。 そんなさりげない潤いは、科学をより身近に感じるきっかけになることでしょう。

-プログラム -
・ジョルジュ=レオンス・ギノー 陽気な鳥
・エドワード・ミカエル 月の典礼
・エリック・サティ ジュ トゥ ヴ ~お前が欲しい~
・オリヴィエ・メシアン 黒つぐみ

※オンド・マルトノ (Ondes Martenot)
フランスの電気技師でありチェリストでもあったモリス・マルトノが1928年に発明した電 子楽器。
独自の音楽表現ができる洗練された楽器として、フランスをはじめとする多くの現代作曲家たち
によってとりあげられ、今日に至るまでテレビや映画音楽等でも使われている。

-プロフィール-
オンド・マルトノ:久保 智美 (くぼ ともみ)
国立音楽大学卒業後、渡仏。 フランス国立ブローニュ・ビーヤンクール音楽院 オンド・マルトノ科を満場一致の第1位で卒業。 その後、研究科課程にて研鑽を積む。 在学中より、オリヴィエ・メシアン作曲「現存する神の三つの小典礼」をステファン・カルドン指揮、国立音楽院オーケストラと演奏、Quatuor d'ondes のメンバーとしてコンサートに出演、その他、新作初演、映画音楽、パリ・オルセー美術館にて行われたオランダの印象派画家「Jongkind」展・記念ソワレにて演奏するなど様々な活動を行う。 2004年に帰国後、軽井沢国際音楽祭に出演ほか、日本にて活動を開始。 これまでオンド・マルトノを原田節(ハラダタカシ)、パスカル・ルッス・ラコルデール、各氏に師事。 江東区音楽家協会会員。

ピアノ:山内 のり子 (やまうち のりこ)
国立音楽大学付属中学校、高等学校を経て、同大学及び大学院を修了。 武岡賞、クロイツァー賞を受賞。 その後、フランスに留学し、パリ国立高等音楽院伴奏科を卒業。 浅見宣子、北村れい子、海野敏子、篠井寧子、中村ミキ子、ジャック・ルヴィエ、ダン・タイ・ソン、ジャン・ケルネルの各氏に師事。 東京津田ホールでリサイタル等、ソロ、室内楽、伴奏などの活動を行っている。 現在、国立音楽大学、洗足学園音楽大学非常勤講師。

開催日時
2007年2月17日(土) 15:30~16:00
開催場所
日本科学未来館 5階 カフェ
参加費
無料
主催
日本科学未来館
協力
江東区音楽家協会
お問い合わせ先
日本科学未来館 TEL:03-3570-9151(代)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。