イベント情報

イベントアーカイブ

企画展「65億人のサバイバル」関連イベント 「燃料電池車(FCV)で感じるクリーンな社会」

地球温暖化がさけばれる中、新しいエネルギーとして"水素"が注目されています。
中でもCO2の排出がなく、水素を載せて走る燃料電池車の開発は環境問題やエネルギー問題の解決策のひとつとして、さかんに研究が進められています。
今回は、企画展『65億人のサバイバル』の展示トピックス"燃料電池車"に関連して、日産自動車の燃料電池車"X-TRAIL FCV"の試乗会や、開発者によるトークイベントを開催いたします。 最先端の技術に触れ、持続可能な社会の実現に向けて、一緒に考えてみましょう。
※いずれのイベントへのご参加も、企画展『65億人のサバイバル』入場券が必要です。

燃料電池車(FCV)試乗会


日産自動車株式会社

燃料電池車"X-TRAILFCV"にお乗りいただけます。ドライバーとして、または同乗者として、ぜひクリーンな走りをお試しください。

開催日時:2007年1月6日(土)、7日(日)、8日(月・祝)
10:30~16:30(10:00より整理券配布)
定員:1月6日(土)、7日(日) 48組、1月8日(月・祝) 24組 ※乗車は1回につき4名まで
参加費: 『65億人のサバイバル』入場料のみ
参加方法: 当日、10:00より日本科学未来館1階 400インチ前にて整理券を配布します。
※当日、企画展『65億人のサバイバル』の入場券をお持ち下さい。
※ドライバーのいない同乗者だけのグループでも試乗いただけます。
※運転をご希望の方は、免許証をご持参ください。
※運転は、免許取得2年以上の方に限らせていただきます。
※6歳未満のお子様にはご乗車いただけません。
※定員になり次第、配布を締め切らせていただきます 。
主催:日産自動車株式会社

有明水素ステーション・ツアー


エンジニアリング振興協会

すでに各地で、ガスステーションならぬ水素ステーションの試験運転が始まっています。このツアーでは、燃料電池車の水素充填をご見学いただきます。見学の前後には、水素に関するレクチャーと燃料電池車の試乗会もお楽しみください。
※運転をご希望の方は、当日免許証をご持参ください。また、免許取得2年以上の方に限らせていただきます。
※6歳未満のお子様にはご乗車いただけません。

開催日時:2007年1月8日(月・祝)
①[レクチャー&見学]11:00~12:30(開場10:30)/[試乗会]12:30~14:00(予定)
②[レクチャー&見学]14:00~15:30(開場13:30)/[試乗会]15:30~17:00(予定)
※試乗会の時間は変更になることがあります。
※試乗会は、乗車が終わり次第終了となります。
集合場所:日本科学未来館 1階 オリエンテーションルーム1a
定員:各回12名
参加費:『65億人のサバイバル』入場料のみ
応募締切:2007年1月4日
参加方法:WEBによる事前申し込み
→締め切りました。抽選結果は、1月5日以降にメールでお知らせいたします。
事前申し込みは締め切りましたが、キャンセル待ちはお受けします。当日、集合場所:1階オリエンテーションルーム1aにてご確認下さい。

トークイベント「燃料電池車の今を知る。~開発者が語る苦労と道のり」

燃料電池車はどのような目的で、どのように開発されたのでしょうか。日産自動車の燃料電池車の開発者をお招きして、燃料電池車の今とこれからについてお話を聞いてみませんか?
出演者:
萩原太郎氏(日産自動車株式会社技術開発本部FCV開発部部長)
田村英之氏(日産自動車株式会社総合研究所燃料電池研究所所長)

開催日時:2007年1月6日(土)、7日(日)14:00~14:40
集合場所:日本科学未来館 1階 催事ゾーン企画展『65億人のサバイバル』会場内
参加費:『65億人のサバイバル』入場料のみ
参加方法:当日自由参加

開催日時
2007年1月6日(土)、7日(日)、8日(月・祝)
開催場所::日本科学未来館 1階 オリエンテーションルーム、催事ゾーン
お問い合わせ
日本科学未来館展示開発室
『65億人のサバイバル』特別イベント
「燃料電池車(FCV)で感じるクリーンな社会」係
TEL:03-3570-9156
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。