イベント情報

イベントアーカイブ

展示の前で研究者に会おう! 「これもアサガオ? :トランスポゾンが生み出した多様な変化アサガオ」

仁田坂英二先生 九州大学 大学院理学研究院 生物科学部門

誰でも一度はアサガオを育てたことがあると思います。しかし、とてもアサガオには見えない変化アサガオとよばれているアサガオの突然変異体が江戸時代から現在まで保存されてきていることをご存じでしょうか。会場では生きた変化アサガオも展示しますが、これらは種ができないため、メンデルの法則を利用して栽培しています。アサガオの花色や形を変えている突然変異の原因を探ると、遺伝子のほとんどにトランスポゾン(動く遺伝子)が挿入されていました。アサガオの歴史からトランスポゾンや、その配列をもとにした形づくりに関わる遺伝子の研究についてわかりやすくお話します。

講師: 九州大学 大学院理学研究院 生物科学部門 仁田坂英二先生

開催日時
2003年11月16日(日)15:40~16:40
開催場所
日本科学未来館 5階 「生命の科学と人間」コーナー
定員
約40名
参加費
入館料のみ(大人500円・18歳以下200円)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。