イベント情報

イベントアーカイブ

展示の前で研究者に会おう! 「宇宙メダカ実験とその後」

東京大学 助教授 井尻 憲一 先生

皆さんは、「宇宙メダカ」を御存じですか?
1994年に向井千秋さんと宇宙へ行った4匹のメダカとその子孫のことです。日本科学未来館でも宇宙メダカを展示しています。メダカたちは無重力で脊椎動物として初めて子作り(産卵行動)を行い、赤ちゃんメダカも誕生しました。この宇宙実験の準備から、宇宙そして帰還してからのメダカたち、宇宙ステーションでの実験を目指した現在の研究までを映像を用いてわかりやすくお話しします。

講師: 東京大学 助教授 井尻 憲一 先生 


-略歴-
奈良県出身。
1971年 東京大学工学部計数工学科卒業。理学博士。専門は宇宙生物学。
1987年 東京大学アイソトープ総合センター助教授。
1994年 向井千秋さんがスペースシャトル「コロンビア」で実施した宇宙メダカ実験の代表研究者。その業績に対し、2000年に国際宇宙研究委員会(COSPAR)ノルドバーグ賞を日本人で初めて受賞。

開催日時
2003年10月26日(日) 15:00~16:30
開催場所
日本科学未来館 5階
「地球生命と宇宙、40億年の挑戦」コーナー
定員
約40名
参加費
入館料のみ(大人500円・18歳以下200円)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。