イベント情報

イベントアーカイブ

展示の前で研究者に会おう!「月の生い立ちをひもとく日本の月探査」

水谷仁先生(宇宙科学研究所)

私たちに最も身近な天体である月について「月はどのようにして生まれたか」などの重要な問題は未だによく解っていません。「ペネトレータ」と呼ばれる独自の観測機器を月面に設置して月の内部の様子を調べる探査(ルナーA計画)や、月面の詳細な調査によって、この問題がどのように解き明かされるかお話しします。

講師: 宇宙科学研究所 水谷 仁 先生
-略歴-
1942年 東京都生まれ。
岡山県津山市で育つ。理学博士。
1964年 東京大学理学部地球物理学科卒業。
1966年 東京大学理学系大学院修士課程修了後、東京大学理学部助手、名古屋大学理学部助教授、教授を歴任
1988年 文部省宇宙科学研究所惑星研究系教授。その間カリフォルニア工科大学、コロラド大学などに客員研究員として滞在する。
-研究内容-
専門は地球物理、惑星物理学。現在は月や惑星の起源と進化に関する研究、将来の月・惑星探査のための機器開発、探査計画の立案などに従事。
-著書-
著書として岩波地球科学講座「第1巻.地球」、「第2巻.地球の物質科学」、「第13巻.太陽系における地球」(いずれも共著)、岩波ジュニア新書「宇宙人はいるだろうか」、同文書院「新しい惑星の科学」、ポプラ社「地球はどうなる」、東大出版会「クレーターの科学」、岩波書店「月の科学」(共著)などがある。

開催日時
2003年9月20日(土)13:30~15:00
開催場所
日本科学未来館 5階 地球環境とフロンティアII
定員
約40名
参加費
入館料のみ(大人500円・18歳以下無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。