イベント情報

イベントアーカイブ

展示の前で研究者に会おう! 「ヒトゲノム研究とゲノム科学がもたらすこと」

服部正平 先生 (北里大学北里生命科学研究所 教授 専門: ゲノム生物学 )

2003年にヒトゲノム解読は完結します。ここに人類のDNAの全塩基配列が決定され、1990年に始まったヒトゲノム計画は1つの区切りを迎えます。この生命科学研究最大の計画はいかにして進められたのでしょうか?そしてその中で科学者は何を考えてきたのでしょう?また人類はそれから何を得ることができるのでしょうか?これらのことについて解説、議論を行います。

講師: 北里大学北里生命科学研究所 教授 ゲノム生物学 鈴木直樹 先生

-略歴-
昭和54年 大阪市立大学工学研究科博士課程修了、工学博士
昭和54~59年 東亜合成化学工業(株)・研究員(昭和57~59年 九州大学医学部・派遣研究員)
昭和59~62年 九州大学遺伝情報実験施設・助手
昭和62~平成2年 アメリカScripps研究所およびUCSD研究員
平成2年 九州大学遺伝情報実験施設・助手
平成3年 東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター・助教授
平成10年 理化学研究所ゲノム科学総合研究センター・チームリーダー(併任)
平成11年 理化学研究所ゲノム科学総合研究センター・チームリーダー(常勤)
平成14年 北里大学北里生命科学研究所・教授
理化学研究所ゲノム科学総合研究センター・客員主管研究員(併任)

-研究歴-
昭和49~57年 高分子科学
昭和57~62年 ヒトゲノム反復配列の構造解析と進化に関する研究
昭和62~平成2年 炎症たんぱく質遺伝子の転写調節に関する研究
平成2年~ ヒトゲノム研究
平成12年~ 微生物ゲノム研究、情報生物学

開催日時
2003年4月20日(日)13:30~15:00
開催場所
日本科学未来館 5階
「生命の科学と人間」ゲノムのコーナー
定員
約40名
参加費
入館料のみ
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。