イベント情報

イベントアーカイブ

展示の前で研究者に会おう! 「地球生命と宇宙、40億年の歴史~これからの宇宙と人間の関わりについて~」

日本科学未来館 館長 宇宙飛行士 毛利 衛

宇宙で生活することは、様々な科学技術の成果であり、研究の現場であり、これからの人間と地球のありかたなど多くのことを考えることにつながります。地球生命が宇宙へ拡がっていくひとつとして、人間が科学技術によって宇宙へ出ていく挑戦をテーマに、これから、宇宙とどう関わっていくのかをお話しします。またこの展示を通して、未来館のMMコンセプトについても、改めて皆様にお伝えします。

講師: 日本科学未来館 館長 宇宙飛行士 毛利 衛

-プロフィール-
1948年 北海道余市町生まれ
1972年 北海道大学大学院理学系化学専攻修士課程修了。
1975年 南オーストラリア州立フリンダース大学大学院理学部博士課程修了。
1976年 同 博士号取得。
1980年 北海道大学 講師
1982年 同 助教授
1985年 宇宙開発事業団宇宙飛行士
1992年 NASAスペースシャトル「エンデバー号」Spacelab-Jにペーロードスペシャリスト(科学者宇宙飛行士)として搭乗し宇宙実験遂行
1998年 NASA宇宙飛行士資格取得(ミッションスペシャリスト)
2000年 「エンデバー号」SRTM(陸地立体地図作成)にミッション・スペシャリストとして搭乗
同10月、日本科学未来館館長に就任

-専門-
真空表面科学、融合炉壁材料、宇宙実験

-主な賞-
リンダース大学名誉博士(1991)、総理大臣顕彰(1992)、科学技術長官賞(1992)、第二回日本航空宇宙学会技術賞(1993)、日本マイクログラビティ応用学会特別貢献賞(1994)、日本機械学会宇宙工学部門功績賞(1995)、日本宇宙生物科学会功績賞(1995)、北海道大学名誉博士(2000)、2000 Flight Achievement Awards by American Astronautical Society、日本応用物理学会教育業績賞(2001)、日本放送文化賞(2001) 等。

-主な著書-
「スペースシャトル宇宙へ」(監修)(サリー・ライド/スーザン・オーキー)、「ふわっと宇宙へ」朝日新聞社(1992)、「宇宙をみたよ」(監修)偕成社(1994)、「宇宙からの贈りもの」岩波書店(2001)、「エク!」講談社(2001)、「果てしない宇宙のなかで思う未来のこと」数研出版(2002)等多数。

開催日時
2003年1月25日(土)11:00~12:00
開催場所
日本科学未来館 5階
「地球生命と宇宙、40億年の挑戦」コーナー
定員
約40名
参加費
入館料のみ
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。