イベント情報

イベントアーカイブ

「ふわっと'92」 10周年記念シンポジウム 宇宙ステーションへつなぐ有人宇宙活動

スペースシャトルを利用した日本初の本格的宇宙実験ふわっと'92から、今年でちょうど10年になります。この間、向井、土井、若田の3宇宙飛行士が引き続いてスペースシャトルによる宇宙活動を実施し、野口宇宙飛行士も近く搭乗する予定です。そして、スペースシャトルで始まった日本の有人宇宙活動は、今、国際宇宙ステーションへと引き継がれようとしています。

今回のシンポジウムは、ふわっと'92に関わって来られた方々(実験研究者、装置開発者、地上支援者)が、将来の有人宇宙活動の担い手に体験を語り継ぎ、また若者たちと有人宇宙活動の将来を語り合う場にしたいと考えています。

日本科学未来館から宇宙の「きぼう」に向けて一緒にメッセージを発信しようではありませんか。

なお、日本科学未来館内には、ふわっと'92関連の品々、H-IIメインエンジンLE7Aや未来館版宇宙ステーション居住棟などが展示されています。こちらもご覧になっていただければ幸いです。

-プログラム-
12:00   受付開始
13:00~13:30   「ふわっと'92から宇宙ステーションへ」毛利 衛
13:30~15:30   語り継ぐ「ふわっと'92」(司会 澤岡 昭)
実験研究者が体験した「ふわっと'92」、装置開発者のみた「ふわっと'92」、「ふわっと'92」の地上支援...など 
16:00~17:30   有人宇宙活動の将来を語る。
(コーディネーター 宇宙飛行士 星出 彰彦)
国際宇宙ステーションが活躍の場、装置開発と地上支援からみる国際宇宙ステーション、国際宇宙ステーションを利用した実験、月へ、そして火星へ..など 
 

開催日時
2002年10月16日(水)13:00~17:30(12:00受付開始)
開催場所
日本科学未来館 7階みらいCANホール
参加費
無料
申込方法
申込みは締め切りました
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

一覧に戻る

イベント

会員向けイベント

クラブMiraikanに入会すると、会員向けイベントへお申し込みできます。