SDGsへの取り組み

世界を変えるための17の目標

2015年9月の国連総会において採択された「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)」の17の目標と169のターゲットは、地球規模の様々な課題を解決していくためにすべての国が目指すべき国際目標です。その達成に向けては、世界中の一人ひとりが、自国や世界の諸課題への関心を高め、グローバル・サステナビリティに関与していくことが必要です。
日本科学未来館では、2017年に主催した世界科学館サミット(※1)で世界中の科学館と議論を行い、SDGsの達成に向け科学館が活動を推進していくことを合意し、行動指針「東京プロトコール(※2)」をまとめました。
日本科学未来館はこの「東京プロトコール」を軸に、さまざまな展示活動を通してSDGsの達成と持続可能な社会の創出に貢献していきます。

SCWS2017のロゴ

(※1) 世界科学館サミット2017
日本科学未来館は、世界科学館サミット2017(2017年11月15日~17日)を主催しました。「世界をつなぐ―持続可能な未来に向かって」をメインテーマとし、98の国と地域から828名が参加しました。
詳細はこちら

(※2) 東京プロトコール
世界科学館サミット2017の開催に際し合意された「東京プロトコール」は、世界の科学館における行動指針となるものです。SDGsの達成に向けた市民の理解と創造的な活動を生み出すために科学館が行動を起こすことを宣言しています。
詳細はこちら


SDGsに関連する日本科学未来館の主な活動

つながりプロジェクト

つながりプロジェクトのロゴ

「つながり」プロジェクトは、Geo-Cosmos、Geo-Scope、Geo-Palette、Geo-Prismの4つのツールを起点に、2011年から開始したプロジェクトです。国内外の研究者やアーティストとの連携により、地球に関する科学情報を収集し、それを感性に届く表現で視覚化して伝える活動を行なっています。世界の人々とともに、今の地球、今の自分についての「知」を深め、今ある豊かな地球を未来につないでいくために何をすべきかを考える本プロジェクトは、SDGsの達成に必要な市民のグローバル・サステナビリティへの関与を促すものです。
詳細はこちら

Picture Happiness on Earth プロジェクト

Picture Happiness on Earth プロジェクトのロゴ

アジア・太平洋地域の中高生と日本の女子中高生がコラボレーションし、当館の地球ディスプレイGeo-Cosmosの映像作品をつくりあげるプロジェクトです。10代が見据える幸せのかたち、そのユニークな着眼点と表現力で制作された成果作品は、SDGs達成への示唆に富んだものになっています。
詳細はこちら

「もうえらべない?地球Sold Out!」

パネル展示「もうえらべない?地球Sold Out!」(2017年11月~2018年1月に日本科学未来館で開催)は「海の豊かさを守ろう」をテーマに、私たちの消費行動と水産資源との関係を考える展示です。科学館などSDGsに取り組むさまざまな施設に展示(パネルデータ)を貸し出しています。
詳細はこちら

「ビューティフル・ライス~1000年おいしく食べられますように」

特別展示「ビューティフル・ライス~1000年おいしく食べられますように」(2017年11月~2018年1月に日本科学未来館で開催)はアジア各地の農村で、数千年にわたって続いてきた伝統的な米作りを科学の視点で読み解きながら、持続可能な農業を考える展示です。本展示を科学館などSDGsに取り組むさまざまな施設に貸し出しています。
詳細はこちら


About us